「日本生まれ日本育ちです」というと必ず「なんで英語しゃべれるの?」と聞かれます。実は自分でもちゃんと考えたことがないので、「勉強した」以外になんと答えればいいかわからず、いつも適当に答えてきました。

 私の母は留学経験があり英語がペラペラで、英語の先生でもありますが、若い時私が反抗的だったため(笑)母から習ったことはないし、母とは常に日本語で会話しています。

 バイリンガルニュースを始めて、英語を話せる理由を聞かれる機会がさらに増えたので、今回人生初、自分の英語習得の歴史を振り返ると同時に、ここでさらけ出すことにします。現在英語勉強中の方の参考になれば幸いです。

 

 まずは時系列で簡単に振り返ります。

【幼少期】
 父が出張先のアメリカで買ってくるディズニーのビデオ・絵本・CDに囲まれて育つ。ディズニーのCDを聞いて、意味はわからないけど見よう見まねの英語で歌う。

【小学校低学年】
 アメリカで生まれ育った年上のいとこがちょうど日本の大学に通っていたので、週に1回うちに来てもらって本を音読する練習。小さい子用の絵本から始めて、『エルマーのぼうけん』とか『おさるのジョージ』とか。

【小学校高学年】
 5年生ぐらいから洋楽にはまる。その頃アメリカはアイドルブームまっただ中だったので、ブリトニーやバックストリートボーイズなど、恥ずかしげもなく王道を聞いて、一緒に歌う。

 歌の内容がどうしても気になるので、歌詞カードはチェック。でも知らない単語を全部調べるのはめんどくさいし嫌になっちゃうから、そこは適当に。

【中学校】
 学校が英語の授業に力を入れていて、教科書も巷の評価が高い『Progress In English』だった。

 テストでは教科書の中身が抜粋されるので、教科書に出てくるフレーズ、単語、物語を丸暗記すれば、いい点が取れる。けどいきなり丸暗記は無理。

 

 というわけで、テスト対策の勉強法として、
 ①教科書に出てくる例文や物語を、全部一度和訳。
 ②その和訳ノートを見ながら、即座にそれを英語で「口に出して言う」練習(原文とちゃんと合ってるかもチェック)。
 ③同じ箇所を何度も練習することで、嫌でも覚えちゃう。

 ※注意点:この勉強法はいい面もありますが、反面、のちに会話力の妨げになる可能性が高いので注意です。会話において「訳す」という行為は邪魔以外のなにものでもないので。

 この頃、実際に英語を使う機会は、年に一度親戚を訪ねて行くハワイでのみ。言われてることはわかるけど、いざ返事しようとするとなかなかパッとは出てこない状態。

【高校】
 中高一貫校だったので、中学の時の丸暗記勉強法を継続。

 あとは話すのに慣れさえすれば! と思って、ニュージーランドに2週間ホームステイしてみたり、マンツーマンで英会話習ったり。その間も洋ドラマみたり洋楽聞いたり、ティーン雑誌を読んだりは欠かさず。

 そして受験。私が行った大学の学部は、授業が全て英語で行われ、単位制度等もアメリカの大学の形式をとっていて、受かるには、TOEFLとSAT(アメリカのセンター試験みたいなもの。科目は国語と数学)で十分なスコアを取り、英語で論文を提出する必要があった。

 SATは、そもそも英語を母国語としている人を苦しめるためのもの。日本人の私には結構苦しかった。さらに同じ学部を受験するほかの人たちは、英語が母国語だったりハーフだったり帰国子女だったり。ここで負けず嫌いな私の心に火が! 単語はもう丸暗記して、読解問題の文章をひたすら読みまくる。単語数が一気にアップ。

(大学以降は自分の努力というよりも、授業も日常会話もすべて英語という環境要因が大きいので省きます)

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

「文字おしゃべり」待望の第2弾を発売いたしました!
Mamiの英語勉強法を紹介した「ブリトニーに英語のテストを助けてもらってた話」や、アメリカと日本の雑誌の比較から考える「一重より二重のほうがいいって誰が決めたんだっけ問題」など、連載当時から大反響を巻き起こしたコラムを、なんと33本収録。

初めての書籍出版や結婚など、Mamiの「人生、なにが起こるかわからない」はどんどん加速。Podcastでは話せない日々の出来事や自身の思いを素直に綴るエッセイ集です。
電子書籍化を記念して、自宅で猫と遊ぶMamiの様子をはじめ、撮りおろし写真も収録。

『バイリンガルニュースMamiのもっと文字おしゃべり』
 幻冬舎plusはこちら
 Amazonはこちら
 楽天koboはこちら
 iBooksはこちら

英語で日記を書けば、言いたいことを英語で言えるようになる。
東京生まれ、東京育ち、留学経験なしの完璧バイリンガルが実践した習得法を紹介!
レベル別の英語日記サンプル、便利な表現集、英語継続のコツなど学習ページのあとに、実際に日記を書き込めるページを100ページ収録。
楽しんで続けるうちに効果を実感できる英語日記の決定版。(ポプラ社)

→書籍の購入はこちら(Amazon)


バイリンガルニュースのオリジナルアパレル第四弾。
ファービンクス(Furbinx)Tシャツが発売中です。


【電子書籍】

コラム『バイリンガルニュースMamiの文字おしゃべり』が、新たな書下ろしを加え、電子書籍になりました!
各エピソードの話題にちなんだMamiの考える”使える英単語”を新たに付録しました。また、英語習得・バイリンガルニュース・恋愛・仕事・家族などについての数々の質問への回答、撮り下ろしスナップ写真など、この電子書籍だけのコンテンツが盛りだくさん!


【作品情報】
書名  『バイリンガルニュースMamiの文字おしゃべり』
著者名 バイリンガルニュースMami
発売日 2014/12/25
販売先 Kindle、楽天kobo、iBooks、Reader Store、
Booklive!、honto、 Kinoppy 幻冬舎plusなど主要電子書店 
価格  250円+税
下記よりお買い求めいただけます。
幻冬舎plusはこちら
Kindleはこちら
楽天koboはこちら
iBooksはこちら

 

『アズミ・ハルコは行方不明』刊行記念対談
山内マリコ×バイリンガルニュースMami「女の子、Yeah~~☆☆!!!!」
も公開中!