毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.07.15

第10回

本日をもって太陽ともお別れです

竪谷 博

本日をもって太陽ともお別れです

 こんにちは。第55次日本南極地域観測隊調理隊員のタテヤです。日本はもう夏ですね。こちら昭和基地は、これからの7月8月が冬本番です。

 では前回の続き、少し遡って5月後半の記録からいきましょう。

 5月17日。南極にいてもこの時期になると食べたくなる筍! 筍ごはんを作りました。


 三陸の美味しいわかめと一緒に若竹煮も作りましたよ~。残念ながら採れたての筍ではありませんが、雰囲気だけでも旬を味わうことが、南極ではとても大事なのです。


 5月19日。ブリザードのこの日は、恒例の玉ねぎの皮剥き大会! みんなでやればあっという間に終わるのだ(^^)


 5月20日。鰈の煮つけ。


 5月24日。観測用ゴム気球打ち上げ。


 宙空隊員が、上空30kmの高層大気を調べるために、ゴム気球に軽量の測器をぶら下げて打ち上げるところ。


 5月24日。タロとジロで有名な1次隊が上陸したポイントに行ってきました!


 上陸地点から見える南極の雄大な景色です。ラングホブデの岩山、長頭山が見えます(ラングホブデというのは、昭和基地の南方約30km、地面に雪や氷がなく、岩や地面が剥き出しになったエリアです)。


 5月25日。スイーツ部の隊員とシュークリームを作りました!


 休日のおやつの時間です(^^)


 出ました! 北海道標津漁師が手作りした鮭の燻製。休日のバーにまたまた登場です。


 丸ごと一尾を出刃包丁で切る!


 あとは、皮を剥ぎながらむしゃぶりつきます。




 こちらは、ニシンの山椒漬けと赤ホヤの塩辛。おつまみには最高の逸品。小皿に取り分けて頂きます!

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!