毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.12

『山女日記』刊行記念対談
湊かなえ(作家)×神谷浩之(『山と溪谷』編集部)

【再掲】山に登る理由がわからないから本を読む 前編

湊 かなえ/神谷 浩之

【再掲】山に登る理由がわからないから本を読む 前編

11月6日より、NHKBSプレミアムで始まった、湊かなえさん原作のドラマ「山女日記~女たちは頂きを目指して~」(全7回)。単行本刊行時には、「山に登る理由」をめぐる対談も行いました。明日11月13日は、第2回の放送です。(構成:小西樹里 撮影:山田薫/対談 柏倉陽介/山)

トンガリロを歩く湊さん

遭難しない山岳小説を書こうと思った

湊かなえさんは20代から登山を始め、しばらく離れていたが、「小説を書くため」に再開した

神谷 山の小説はいろいろと読んできましたが、男性の主人公が命を懸けて山に登って生きる意味を問うとか、バタバタ人が死んでいくとか、そういう話が多いですよね。だから、『山女日記』のような小説は初めてだったので、楽しくておもしろかったです。湊さんが実際に山を歩かれているからこそのリアリティと、湊さんならではの女性の心理描写がマッチして、今までにないかたちの山岳小説になっています。新しいジャンルがここに切り開かれたなと思いました。この小説を書くきっかけをお伺いしたいです。

 大学生のときにサイクリング同好会の仲間と山に登るようになって、社会人になってもしばらく一緒に登っていたんです。でも、結婚してまったく山に行かなくなってしまって。また山に登りたいなと思い、いろんな方にお話していたら、幻冬舎の編集さんが「一緒に登りましょう」と。山の小説を書くなら色々な山に連れて行ってくれると(笑)。じゃあ、ぜひ、ということで山の小説を連載することになりました。山岳小説って遭難がつきものじゃないですか。でも遭難がない山岳小説や、これから山に登ってみたい人がここに登ってみようかな、私でも行けそうかなと思えるような、もっと山に親しめるようなものがあってもいいんじゃないかなと思い、今回、このようなお話にしました。神谷さんがこれまでに読んできた山岳小説には、どんな作品がありますか?

学生時代から山に登り続けている神谷浩之さん

神谷 たった今言ったことと反しますけど……まさに男性がバリバリ山に登る話が好きなんです。夢枕獏さんの『神々の山嶺』とか。

 すばらしいですよね。最近ですけど、とても落ち込むようなことがあったときに改めて読んで本当に救われました。……逃避?(笑) 山に行きたかったのかもしれないです。でも、山の小説はどういう気持ちのときに読むかで感じることがまったく違いますよね。『神々の山嶺』を初めて読んだときは、自分の体力に自信があって、やりたいことは何でも出来る、がんばれば何でも手に入れられると思っていた時期だったので、そんなに響くものがなかったんです。

神谷 出版されたのは、僕が学生の頃なので約20年前(1997年)ですね。

 それに、むしろ主人公が登山のじゃまをする立場じゃないですか。

神谷 深町誠ですか(笑)。

 万能な人の足を引っ張るなよと。羽生丈二も最後には達成感を得られたし夢も叶ったけど、深町がついて行ったせいで危ない目にあって余計な体力も使った。でも、自分がダメな気持ちになっているときに読むと、深町にも寄り添えます(笑)。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

湊かなえ『山女日記』(Amazon)

●あらすじ
こんなはずでなかった結婚。突然見失った目標。……真面目に一生懸命生きてきた。なのに、どうして? 誰にも言えない苦い思いを抱え、女たちは一歩一歩、頂きを目指す。そして、山頂からの景色が、小さな答えをくれる。心温まる連作長篇。


『山と溪谷』8月号にて
湊かなえさんのインタビューを掲載しています。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 「もう、冒険者やめたほうがいいんじゃないですか?」
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
全商品ポイント50%還元中<電本フェス>
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!