長いもので、この2年半ほどツイッターをやっています。いや、黎明期からやっている人に比べればぜんぜん長くないですが、飽きっぽい僕にしては、という意味で。

 初めの頃はなんか張り切っちゃって、社会的な問題提起するぜ!みたいなことも書いてた記憶があります。それで、まったく見ず知らずの人から――場合によっては僕を美術家とも知らない人から――反論が来て、それにまた一生懸命反論したりして……とまあ、よくあるツイッターの一風景に溶け込んでおりました。

 で――これまたよくあることですが――疲れちゃったわけです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

この連載の人気シリーズ「『色ざんげ』が書けなくて」が待望の電子書籍化!
→電子書籍の詳細・予約・購入はこちら(Amazon)


会田誠『美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石でできていないのか』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


会田誠『カリコリせんとや生まれけむ』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)