毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.10.23

ようこそ佐々良へ。
あらすじ&人物紹介

ようこそ佐々良へ。<br />あらすじ&人物紹介

 

11/8(土)の全国ロードショーがいよいよ迫る、
トワイライト ささらさや』。
気が弱くて周りをいつもやきもきさせる主人公サヤ(新垣結衣さん)と、そんなサヤを見守る夫のユウタロウ(大泉洋さん)。
夫婦2人のむつまじく、時にぶつかって強くなる、愛情溢れる掛け合いは、映画でたっぷり楽しんでいただくとして、まずは佐々良の街で起こる不思議なストーリーと、チャーミングな登場人物たちをご紹介。映画を見る前に、見た後に、佐々良の素敵な世界をご堪能ください。

  

事故で夫を失ったサヤは赤ん坊のユウ坊と佐々良の街へ移住する。そこでは不思議な事件が次々に起こる。けれど、その度に亡き夫が他人の姿を借りて助けに来るのだ。そんなサヤに、義姉がユウ坊を養子にしたいと圧力をかけてくる。そしてユウ坊が誘拐された!ゴーストの夫とサヤが永遠の別れを迎えるまでの愛しく切ない日々。連作ミステリ小説。

原作「試し読み」はこちら


 
子供の頃に母を、成人してから父を亡くしているサヤ。そんなサヤを一番心配し、可愛がってくれた伯母(母親の年の離れた姉)の住んでいた街が、この物語の舞台である「佐々良」。伯母さんは「いつでも遊びにきてね。旦那さんも一緒に」と優しく言ってくれていたにもかかわらず、サヤが妊娠8か月の時に亡くなります。
彼女の遺言でその家を残しておいてくれたことを知り、追っ手から逃げるように、生まれて間もないユウ坊と引っ越したサヤ。
佐々良は有名ではないけれども、こじんまりした観光地です。「小さいがきれいな川が流れ、少し足を延ばせばなだらかな山があり、リューマチに効くという温泉もある。夫の言うようにどちらかと言えば老人好みの街というイメージがあった。」

のどかでちょっと不思議なことが次々と起こる街、佐々良。その全貌を、カバーイラストを手がけた十日町たけひろさんが素敵なイラストで再現! 迷路のような街をもっと探索したい方の順路はこちらです♪

「フシギの街の案内図」はこちら

 

★がついた記事は無料会員限定

映画「トワイライト ささらさや」


突然の事故で夫のユウタロウを亡くしたサヤ。
息子を抱えて途方に暮れる気弱なサヤの前に、
心配であの世に行けないユウタロウが、
他人の体に乗り移って現れるーー。

 

人と人の優しい絆に胸が熱くなる、
愛に満ちあふれた感動の物語。


11月8日(土)新宿バルト9、梅田ブルク7他全国ロードショー
©2014『トワイライト ささらさや』製作委員会

監督:深川栄洋
脚本:山室有紀子・深川栄洋
原作:加納朋子『ささら さや』(幻冬舎文庫)
出演:新垣結衣、大泉洋
主題歌:コブクロ「Twilight」
映画『トワイライト ささらさや』公式サイトはこちら

 

関連書籍

『ささら さや』

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)


『てるてるあした』*「ささら」シリーズ第2弾!!

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)


『はるひのの、はる』*「ささら」シリーズ最終章

書籍はこちら(Amazon)

関連書籍

電子書籍はこちら
書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!