毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.06.20

サラリーマンの心の健康がいよいよ危ない
社員へのストレス診断が義務化される理由

渋谷 和宏

サラリーマンの心の健康がいよいよ危ない<br />社員へのストレス診断が義務化される理由

 新聞各紙はまだ詳しく報道していないが、私たちの仕事や生活に大きくかかわる重要な法案が6月22日までの2014年度通常国会会期中に成立する。
 改正労働安全衛生法案──通称「ストレスチェック義務化法案」である。
 従業員50人以上の企業に対して従業員へのストレス診断の実施を義務づける法案で、4月9日に参院を通り、衆院でも可決する見通しだ。法案が成立すると従業員50人以上の企業で働くすべての社員は年1回、ストレス診断テストを受けることになる。ストレスが募っている場合は医師やカウンセラーとの面談が行われる。これらは法案が成立した時点で新聞各紙などでいっせいに報道されるだろう。
 なぜストレス診断を法律で義務づけようとしているのか。
 背景にあるのは「このままではうつ病など心の病にかかる社員がさらに増えかねない」という政府・厚生労働省の危機感だ。
 ストレスチェック義務化法案の成立は私たちのメンタルヘルス(心の健康)がますます危なくなっている事実を浮き彫りにしていると言ってもいい。

 今国会中に法案が成立した場合、同法は遅くとも2015年度中に施行される予定だ。またストレスチェック義務化法案は診断後の企業の対応も定めており、
「従業員一人一人への診断結果のフィードバック」
「ストレスを募らせている従業員への医師やカウンセラーとの面談の実施」
「職場環境に問題があると分かった場合の経営者の改善努力」
──も義務となる。職場環境に問題があるのに改善しようとしない企業の社名も公表するという。ちなみにパートやアルバイトは「契約期間が1年以上」で「週40時間の所定労働時間の4分の3以上働いている」人が対象になる。

 ここ数年、心の病にかかる社員は増え続けている。厚生労働省によれば「うつ病・躁うつ病の患者数は1999年の44万1000人から2011年には95万8000人に倍増した」という。この数字は氷山の一角に過ぎず「2013年時点での潜在的な患者数は250万人を超えるとの試算もある」(厚生労働省)。
 日本の就業者数(働く人の数)は約6300万人(2014年)なので実に全体の4%、25人に1人がうつ病・躁うつ病に苦しんでいるというのだ。しかも最近では「会社が悪い」などとこれまでのうつ病ではあまり見られなかった他人を責める傾向の強い新型うつが若年の間で広がっている。この結果「メンタルヘルスの不調で退職したり1カ月以上続けて休んだりした社員のいる会社は全体の8.1%に達する」(厚生労働省)。

 しかも状況はこの先さらに悪化しそうだ。
 意外に思われる人もいるかもしれないが、メンタルヘルスの不調を訴える社員は好景気ほど増える傾向にある。好況時には商品やサービスの売り上げが伸び、社員の仕事量が増すからだ。経営者層のメンタルヘルスが不況時に悪化するのとは対照的である。
 そして今、社員の残業時間は伸び続けている。厚生労働省の「毎月勤労統計調査」によると、今年4月の残業時間(所定外労働時間指数)は前年同月比で6.4%増加し、11カ月連続で前年同月を上回った。2011年以降では最高水準だ。これにともなって「忙しくなった」「ストレスが増えた」と感じる社員も増えている。読者の中にもそう実感される人が少なくないのではないか。
 とはいえ、ここでこんな疑問を感じた人もいるかもしれない。「好況時には社員のストレスが増すというが、今それほどの好景気だろうか」。確かにアベノミクスの景気浮揚効果を実感できている人は少数派だ。NHKが6月に行った世論調査では景気回復を「感じている」人は16%に過ぎず、「感じていない」が43%、「どちらともいえない」が37%に達した。
 それなのになぜ残業時間が増え、ストレスが募っているのだろうか。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!