毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2002.12.15

第16回

借金の金利には「自由のコスト」が含まれている。

橘 玲

借金の金利には「自由のコスト」が含まれている。

 携帯電話に友人から電話がかかってくると、ディスプレイにその名前が表示される。誰もが使っている当たり前の機能で、難しいことは何もない。
 あらかじめ、自分の携帯電話に友人の名前と電話番号を登録しておく。電話がかかると、携帯に内蔵されたプログラムが発信元番号から名前を検索し、それをディスプレイに表示する。
 コンピュータでデータベースを構築する際に求められるのは、必要な情報を膨大なデータの中から効率よく検索するための機能である。その基本設計に失敗すると、大金を投じたソフトウェアも何の役にも立たない。
 どんな複雑・大規模なプログラムも、携帯電話の小さな検索プログラムと本質的な違いはない。コンピュータというのは、入力(インプット)されたデータをあらかじめ決められたルールに則って演算し、出力(アウトプット)する機械のことだ。少なくとも現在のところは、人間の脳のように推理したり、想像したりはできない。
 たとえば、携帯電話に「ヤマダダロウ」という友人の電話番号を登録したとする。「ヤマタタロウ」と入力して検索しても、その番号は表示されない。インプットしたデータが違うからだ。
 人間の脳なら、「ヤマタ」を「ヤマダ」の入力ミスと即座に判断できる。コンピュータでも似たようなことは可能だが、これは検索機能の設定をあいまいにしているだけで、CPUが両者の関連性を推測しているわけではない。検索条件を緩くすれば多少の入力ミスはカバーできるが、データ数が膨大だと出力結果が増えすぎて、かえって逆効果になることも多い。1,000万件を越える膨大なデータを扱うのなら、なおさらだ。

 さて、ここからが本題だ。
 銀行、クレジットカード会社、消費者金融業者などは、貸し倒れを防ぐ与信管理の手段として業界ごとに信用情報データベースを整備している。クレジット会社の多くは銀行の子会社か関連会社で、そのうえ最近では、銀行が消費者金融に続々と参入している。
 2000年12月からクレジット会社と消費者金融業者のデータベースを接続するテラネットが稼動しており、これまで門外不出だった消費者金融の融資情報(ホワイト情報)も他業種に開放された。個人の信用情報は、事実上、ほとんどの金融機関に共有されている。
 金融機関は、個人から融資(カード発行)の申込があると、信用情報データベースに個人情報を照会する。とはいえ、個人情報保護の原則のもと、不必要な個人情報の閲覧は金融機関に許されていない。あいまいな条件で情報を検索することはできないのだ。
 では信用情報データベースは、どのような入力データをもとに検索対象を特定しているのだろうか?

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

橘玲『マネーロンダリング入門』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


橘玲『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


橘玲『(日本人)』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!