毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.06.16

2014ブラジルW杯 VSコートジボワール

ヤシキ ケンジ

2014ブラジルW杯 VSコートジボワール

1-2。厳しい敗戦ではあるが、まだ2試合残っている。「日本サッカーの新しい歴史を作ってくれ!」とこの男は願う。居間でお酒を飲みながら。

 麻雀の神様こと阿佐田哲也は勝負事で大事なことは、「自身のフォームを崩さない事」であると言っている。
 本田が鮮やかな先制ゴールを突き刺したとき、喜びのなかに違和感も感じた。
いつもの日本代表の試合の進め方じゃないなと。
 そのときはまだ、いい意味での違和感だった。
 しかし結果、そのとき感じた違和感は悪いモノへと転じてしまったわけである。
 近頃の日本代表は先制点を取られてからの逆転勝利が板についていたのに、先制してしまった。幸先いいはずなのだが、先制点を取るというのは、つまり日本のフォームではなかったわけである。
 一年前、今回と同じレシフェの試合会場で行なったコンフェデ杯イタリア戦のときも同じような流れだった。
 先制してからの逆転負け。
 コートジボワール戦の前日に、去年のイタリア戦でのいい感触がある縁起のいい会場ではないかと日本選手に質問したという記事を読んだが、日本にとっては逆転で敗れてしまう縁起の悪い試合会場となってしまった。
 今回の本番で先制点を取ったのはチームのプラン通りだったというが、実際、リードした後、追加点を取りに行くのか、守りながら様子を見て進めるのか迷っているようだった。その迷いが選手間の距離を広げてしまい、連動に結びつかず日本の標榜する「緻密なパスの連携から攻めるサッカー」を出来なくさせてしまった。
「攻めに行こうか、様子を見ようか」と迷っているうちにリズムを失い反撃のパンチを浴び続ける。相手の反撃を受け続ける間にボディブローのようにジワジワとスタミナを失いはじめ、反撃に転じたいときにはすでにスタミナが切れていた。というのが今回の日本だった。
 劣勢から勢いをつけて逆転する、という日本が得意としているパターンを逆にコートジボワールにやられてしまったわけである。
 もしかしたら日本は逆転試合の勝ち方は身についているが、(格上相手に)先制してからの勝ち方というのを知らない(持ってない)のではないだろうか。
そこらへんはザッケローニもゲームプランとして持っていたのか定かではないが、今回の試合は監督自身もフォームを崩したようで、ここ最近では珍しく采配がブレまくりで、最後は捨てたはずのパワープレイを虚しく繰り返すだけで、ザッケローニは交代カードが6枚ないと力を発揮してくれないようである。
見ていて切ない気持ちになった。

 追いつめられた日本代表。このままドイツのときの二の舞を演じるのか、それともまだ見たことのない新しい日本サッカーの歴史を紡いで、起死回生できるのかどうなのか。
 ここから這い上がる日本代表を見るチャンスがまだある。
 というのがこのW杯観戦での一番の楽しみなった。
 試合後、内田の「あの2分で、4年間を無駄にするわけにはいかない」という言葉の重みを次のギリシャ戦に繋げて欲しいと願うばかりである。
 しかしながら、最近の親善試合のときからも思っていたが、寝起きで酒を飲みながら観戦するのは非常にしんどい。じゃあ酒なんか飲むなとも思うが、ついつい飲んでしまい、
 午後の時間がほとほとダメになってしまうというのは、この1カ月で身についた自分のダメなフォームである。
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!