毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2014.06.10

第9回

日本選手権を見に行こう(1)

岡田 仁志

日本選手権を見に行こう(1)

 前回は世界選手権の日程(11月16日~24日)を手帳に書き込んでいただいたが(書き込んだよね?)、その前にもうひとつ、日程をお知らせすべき一大イベントがある。6月28日と29日の2日間、味の素スタジアムで開催される日本選手権大会だ。正式には「第13回 アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権」という(※)。全国各地から12チームが集結し、日本チャンピオンを決める重要な大会である。今年は、観戦者にとって「世界選手権の予習」という意味もあるので、絶対に見逃してはいけない。ブラジルW杯の真っ最中だが、どうせ昼間は生中継していないから、味スタまで出かけても問題ないはずだ。ここに多くの観客を集められれば、世界選手権の満員化にも目処が立つ。そこで今回と次回の2回に分けて、日本選手権の見所をお伝えしよう。

 世界選手権の予習として何よりも重要なのは、日本代表候補選手たちのプレーをチェックすることだ。彼らはみんな、どこかのチームの主力として日本選手権に姿を見せる。たとえば、たまハッサーズの黒田智成(5番)と田中章仁(7番)。この2人は代表チームにも欠かせない中心的な存在だ。ブラインドサッカーはパスによる連携が難しいので、攻撃は個人のドリブル突破が中心になりがちだが、彼らは常に「スルーパスからのダイレクトシュート」的なコンビネーションプレーによるゴールを狙っている。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!