毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.05.29

キリンチャレンジカップ2014 日本VSキプロス

ヤシキ ケンジ

キリンチャレンジカップ2014 日本VSキプロス

W杯本番前の試合の結果がどうであろうとも、
この男は動じない。なぜなら……。

 

 南アフリカW杯のデンマーク戦。
 日本のエース中村俊輔の調子が上がらず、岡ちゃんはそれまでの中心であった中村を控えに回し、本田を中心に据えていた。先制点は中村俊輔も得意としている左足からのFKで本田がゴールを決めた。日本は勢いに乗り3-1で勝利。グループリーグ突破を果たした。
 デンマーク戦のマンオブザマッチにも選ばれた本田と、出番なく交代メンバーが脱ぎ捨てたビブスを拾っている姿が映し出されていた中村俊輔。
 その構図はハッキリと「世代交代」を感じさせられた瞬間でもあった。
 そしてその日は、中村俊輔の32歳の誕生日だった。
 別に中村俊輔のファンではないのだが、私が同年代だからだろうか。あの日の勝利の味は、ほろ苦かったことを4年たったいまでもハッキリと覚えている。
 中村は大会後に、「(大会中)耐えるだけで精いっぱいだった」「もういいよ」という言葉を残し代表を去っていった。
 それから4年がたったいま、本田を中心としたチームとしてW杯に挑もうとしている。


 とまあ、硬い感じではじめてみたけど、続かない。
 中村俊輔チョ―切ないよねっていう話ですよ。それに比べて、本田とか長友とかだいぶポジティブシンキング。まあ、あれだけのポジティブだからこそのミランやインテルだともいえるわけで、長友はインテルに入ったばかりの頃よく言ってました。「カッサーノやスナイデルはミスしても全然反省していない」と。
 ミスして反省して身を縮こめるんじゃ全然だめ。
 そんなつまらない反省なんかする以上のバイタリティとポジティブさでいくのがいい。
 誰だってミスすれば反省もしそうなものだが、「別に……」「そんなの関係ねぇー」な感じで(出典が古い!)さらにポジティブに生きていくことがどんなジャンルにおいても大切なんじゃないのかなと。その点、本田は調子が悪くても相変わらず口が達者で、めげていないように感じる。
 さすがはACミランの10番をつけてるだけあって図太い神経の持ち主である。
「この図太さが世界基準。ボクはあえて図太く振る舞ってる」とでも言いたげに見える。
 支出が多くとも、抑えるのではなく収入を増やせばいい。
 コップに残った水を少ないと嘆くのか、まだこんなにも残ってると考えるのか。
 7人の女に断られても、3人ヒットして3割の打率。
 なんだか自己啓発みたいな話になってきたが、今回のキプロス戦なんかは身体が重いなか負けてないだけマシ! ということである。ウッチ―復活できて良かったねでOK。
 思い返せば、ドイツW杯のときの代表も史上最強と呼ばれていた。
 W杯前の試合ではネドベドがいるチェコを力でねじ伏せ、開幕前のドイツにも引き分け、本大会に期待しない方が無理な話だというはずが、グループリーグで1勝もできず敗退。
 南アフリカW杯はその逆で、W杯直前の試合はことごとく劣勢を強いられ、闘莉王はドログバの腕を折ってしまうし、弱小の日本が暴れちゃってすいませんな感じで、岡ちゃんの顔にはいつも「ドーン」って感じのタテ線が入って悲壮感たっぷりで前評判はすこぶる悪く誰も期待していなかったのに、結果はグループリーグ突破のベスト16。
 まるで競馬予想のようだ。
 くると思った馬が来ないし、来ないと思っていた馬が来て万馬券。
 やる気満々で女と会っても、「今日は帰らなくちゃ」とつれなく帰っていく女。
 競馬が外れたとき、女に帰られたとき、胸に去来するのは「もうなにも信じるまい」という虚無感。
 今回のキプロス戦後のアメリカでやる2つの強化試合の結果も信じない。
 ただ見る。試合そのものを楽しむ。そのときの調子をみて本大会のことを一喜一憂しない。
 本番になったらどう化けるのか、誰も知る由もないのだから。
 とにかく来月は最低でも代表戦を5試合も見れるのだから、それ以上望むのは贅沢ってなものである。
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!