毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.04.25

第6回

ブラサカ代表にも「ジャイアントジャージ」を!

岡田 仁志

ブラサカ代表にも「ジャイアントジャージ」を!

「ふつうのサッカーで起きることがブラインドサッカーでも起きるのは当たり前」――前回のコラムで、私はそんなことを書いた。障害者だろうか健常者だろうが、真剣にサッカーをやっていれば審判の判定に不満を抱くこともあるし、文句だってつける。当たり前である。当たり前のことを「当たり前だ」と書くのは、実に面倒臭い。だが、「障害者モノ」にウットリしやすい人は当たり前のことが見えなくなるから、ときどきそんなことも書かなければいけないのだった。

 とはいえ、障害者スポーツを美化して語る人々が、本当にウットリしているとはかぎらない。そういう語り方が「正しい作法」だと思い込んで、「純粋で美しい」「障害に負けずにがんばる姿に感動した」といった感想を半ば自動的に口にする人も多いだろう。ニュース番組の街頭インタビューで「消費増税をどう思いますか?」と聞かれた人が、「政治家は庶民の生活がわかってない。国民目線で考えてほしいです」みたいな紋切り型を口にするのと同じことだ。「こう言っとけばいいんでしょ?」的なお約束コメントである。障害者スポーツにも、そんな面があるように思えてならない。マスメディアはそんな「作法」どおりのコメントを好んで使うから、ますます紋切り型が定着する。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • その街では、死者も生き返る。
  • 体にも心にも体にも栄養を与える法。
  • 豊富なスナップ写真とともに初公開。
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
その街では、死者も生き返る。
体にも心にも体にも栄養を与える法。
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!