こんにちは!55次南極地域観測隊・調理隊員のタテヤです。南極昭和基地から食を通して、隊員たちのふだんの生活をお届けいたします。今回も最後までお付き合いしてくださいますよう、地球の果てより願うばかりです。

最初の1枚はこちらの「づけちらし」。2月9日夜。前日に大サービスして残った刺身を「づけ」にして酢飯の上にてんこ盛りしました。食べる直前にパリっと炙ったいい海苔を、上に揉みほぐして完成! 醤油を垂らして食べましょう。鰆(さわら)やホタテなどは甘酢で〆めて散らしてあるので、酒の肴にもなって好評でした。

2月10日。休日の夜、男たちがのんびり語らう。そんな時にはこれ! 北海道は道東、標津(しべつ)漁師手作りの鮭燻製です。冷やの日本酒、焼酎、ウヰスキー等、この逸品に合う酒を各々傍に置いて準備完了。ひと切れ手に取っては、毟(むし)りながら食す。テーブルを囲んで、笑顔の夜が更けていくのでありました。

 
2月11日。オイスターナイト。蒸し牡蠣食べ放題。生牡蠣も食べました!レモンをキュッと絞って食べると、何個でもいけちゃう感じですね~(^^)

 
2月14日。「サンピラー」出現! 太陽が沈む直前に光の柱が立ち上がる、稀少な現象です。ここは神の国。

 
2月14日 バレンタインデー。金曜日なのでカレーの日。そして、この後忘れられない「恐怖のバレンタインデー」になる……。とてもみなさんに写真をお見せすることのできない、戦慄の展開。いや~、タテヤ、南極の真実の楽しさと厳しさが分かってまいりました。(笑)


2月15日。初期消火訓練。隊員全員が1人1台ずつ消火器を手にします(訓練で使用する消火器は、すべて有効期限切れのものを活用)。


真剣に訓練の説明を聞く隊員たち。

 
火を着けたパレットを安全に速やかに消す。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定