毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.03.28

第5回

上野で科学探究をする

藤沢 数希

上野で科学探究をする

リケジョの星だった小保方晴子氏のSTAP細胞捏造疑惑で世界中が大騒動!

国立科学博物館地球館1F「生命とは何か」の展示。左が植物、右が動物の細胞。筆者撮影。

3月は、理化学研究所のユニット・リーダーだった小保方晴子氏らがイギリスの科学誌Natureで発表したSTAP細胞の捏造疑惑の話題で日本中が持ちきりだった。連日ワイドショーでこの問題が報道され、週刊誌のトップ記事は全て小保方晴子である。まさに、この3月は日本中が小保方晴子に夢中であったのだ。

日本のトップの研究所で起こった、個性的なキャストたちが繰り広げる、このリアルタイムで進行する推理小説のような現実を見ていて、事実は小説よりも奇なり、という言葉を思い出さずにはいられなかった。不謹慎な言い方かもしれないが、STAP細胞捏造疑惑に関する一連の事件はどんなドラマよりも面白く、僕自身もリアルタイムで進行するこの世紀のサスペンスの謎解きに夢中になって参加していたのだ。

さて、STAP細胞とは何か、発表された論文の何が問題だったのか、そして次々と明らかになる小保方晴子氏の博士論文やその他の論文における剽窃や捏造データはどんなものだったのか、などに関してはすでに様々な識者により解説されている。僕のブログにもまとめてあるので、興味のある方はそちらを読んでほしい。

いまさら人に聞けないSTAP細胞と細胞生物学の基礎
いまさら人に聞けない小保方晴子のSTAP細胞Nature論文と捏造問題の詳細 その1 TCR再構成と電気泳動実験

この原稿を書いている時点で、理研の調査委員会が捏造について正式に認めたわけでも、また、小保方晴子氏が「自白」したわけでもないが、すでに現時点で明らかになった数々のデータ改竄などから判断して、STAP細胞というのはそもそも作られておらず、全ては小保方晴子が創作した実験データを周りの共同研究者が信じてしまい(STAP細胞の作製自体は小保方晴子ひとりに任されていた。他の研究者はアイディアの提供や、できたSTAP細胞の評価、論文の執筆などで関わっていた)、様々な偶然が重なって、このような不祥事に至った可能性が高い。あるいは、上質なフィクションのように、みなの予想を裏切る最後の大どんでん返しがあるかもしれないが……。

日本の自然科学研究の最高峰である理研でこのような不祥事が起き、日本が世界の笑いものになってしまったのは大変残念なことであった。しかし、僕は今回のSTAP細胞捏造疑惑が日本国民にもたらしたプラス面もじつは大きかったのではないかと思う。それは、日本国民が科学に対してものすごく啓発された、ということだ。

小保方晴子氏がいい加減な実験をしたり、ときに実験を捏造したりして創り出したデータに周りの共同研究者や世界の同じ分野の研究者が振り回されてしまい、その間の人件費などの費用が全て無駄になってしまった。それらの多くは税金である。こういったことで直接的に無駄になった人件費や実験用のマウスなどの費用、様々な実験機器や試薬の購入費は、ざっくりと計算すると、おそらく数億円のオーダーに収まると思われる。

しかし、小保方晴子氏が大変皮肉な形で日本国民に与えた科学教育のプラスの効果は、数億円ぐらいでは絶対に実現できないほどすばらしいものだった。パッと思いつくだけでも、この1、2ヶ月の間に、日本国民は次のようなことを学んだ。

1. ES細胞、iPS細胞などの多能性幹細胞開発とその再生医療への応用に関する知識
2. 自然科学の研究者がどのように研究をしているのかの実像
3. 自然科学の研究者が自らの研究成果を発表する場であるNatureのような学術誌の査読システムの概要
4. 現代では自然科学の発見は特許などによってビジネスにも強く結びついていること
5. そして何より、研究者が意図的に実験データそのものを改竄したり捏造したりするのは、科学コミュニティではものすごく重い罪と考えられており、発覚すれば即座に研究者生命が絶たれること

これだけのことを退屈な学校教育や教育テレビなどの番組で日本国民に教え込むのは、どれだけ税金をかけても無理だっただろう。しかし、小保方晴子はそれをわずか1、2ヶ月のうちに成し遂げてしまった。不幸中の幸いである。

ということで、今回は、日本国民の科学に対する意識がかつてないほど高まっているため、東京でさらなる科学探求の旅をすることにしよう。その行き先は上野だ。

上野恩賜公園の不忍池の中央に建つ弁天堂。筆者撮影。

 

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!