毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.03.22

相馬の漁師メシと、色違いの洋服

中西 哲生

相馬の漁師メシと、色違いの洋服

今年も行ってきました、福島県相馬市。
震災直後からお世話になっている松川浦の岬荘。
やっぱり漁師メシは最高だった!
ドンコなくして、相馬なし。
色違いなくして、テツオなし!?(笑)
今回は僕にとっての”色違いの買い物”について、
改めて考えてみました。


やっとボチボチ暖かくなってきて、日の出もクロノス開始の6時より前になってきました。寒いのは本当にキライだし辛いです。ただこの春の日差しを浴びると「寒いのも、この春の日差しを浴びて幸せを感じるためだったんだ」と感じます(笑)。

 

 

 今回はもちろん、福島県相馬市からスタート。震災後、ずーっとお世話になっている相馬市松川浦の岬荘。あの日、あの時、ここに伺ったのも運命。あれから何度となくこの相馬に足を運びましたが、泊まるのは必ず岬荘。お母さんにはいつも

「ただいまっ!」

 って言ってます(笑)。

 

 

 ドンコなくして、相馬なし。良いフレーズだぁ。

 

 

 こちらが相馬市の漁業を営んでいた菊地さんが全国に送る漁師メシ、どんこボール!! ふわっふわっの食感、深い味わい。最高です。

 

 

 こちらは相馬が誇る松川浦、齋春の海鮮丼。刺身が使えない中、ご主人が全国を駆け回って集めた究極の魚介類で構成されてます。書かなくても分かると思いますが最強に美味しいです。全国の皆さん、是非とも福島県相馬市、松川浦の齋春に海鮮丼を食べに行って下さい!!

 

 

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!