毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2009.01.15

雨宮塔子の食事日記22

雨宮 塔子

雨宮塔子の食事日記22

12月17日

 ジングルベル、ジングルベル鈴が鳴る♪っと。
 早いもので、このWebマガジンを書き始めてから、間もなく1年が経とうとしている。ノエル(クリスマス)のためのサパン・ドゥ・ノエル(クリスマスツリーにするモミの木)を花屋さんに買いに走って、しみじみと年の瀬を実感する。
 そう、怒涛の年末のバタバタは、このサパンを買いに行くところから始まる。菓子屋を商いとする彼に、ノエルから大晦日にかけてのかき入れ時に家庭のことを何か頼むのは、暗黙の了解でNGなので、2メートル近い巨木も、女手ひとつで抱えねばならない。
「うぉぉ──」
 車のトランクが開いたまま、むりやり突っ込んできたサパンを自宅前で降ろす時、思わず洩れてしまう唸り声が切ない。年始を迎える頃には、今度はのこぎりでの枝切りという重労働が控えているけれど、ノエルにモミの生木をオーナメント(クリスマスツリー用の飾り)で飾りつける行事は、こちらでは日本の雛祭りに雛人形を飾るのと同じくらい重要な風習なのだ。
 こんなにも多くの需要があるモミの木。この時期いったいどれだけのモミの木が伐採されるのだろうと心配になるけれど、少なくても用途の終わったモミの木の枝は、資源として再利用しようと思う。ちなみに、薪の代わりにこのモミの小枝を火にくべると、とても芳わしい香りが部屋中に満ちる。

 居間のどの位置に置こうかひとしきり悩んだ後、娘とオーナメントを取りつけていく。今年は白とシルバーとガラスだけで、クールにまとめてみました。そうそう、このオーナメントをひとつひとつ集めるのも、また楽しみなのです。

 ツリーを仕上げた後は、ノエルから大晦日にかけて食べる予定の食材を調達に。先日彼とさとちゃん(彼の仕事のパートナーの男性)とで赴いた“BYZANCE”社(詳しくは連載第16回9月8日のブログを振り返っていただければ幸いです)でデギュスタスィオン(試食)して以来はまっている品々を並べて悦に入る。

・中に生ハムが埋めこまれているのが特徴の、ビザンス社特製フォアグラのブロック。スライスして、軽くトーストしたブリオッシュにのせて食べるのが大好き!!

 


・前述した9月8日号のブログにもみっちり書いた、イベリコハム(真空状態なのでかなり日持ちします)。

 

 


・そのイベリコハムをサンドイッチにして食べる時、バターやオリーブオイル代わりにパンにつけるフレッシュトマトのソース。オリーブオイルとにんにくと塩とで味付けしてある。
・塩気の塩梅が絶妙のジャンボン・ドゥ・パリ(ロースハム)。
・エコスのサーモン。クレーム・フレッシュ(こちらにはサワークリームがないので、代わりにこれを用います。ちょっと酸味のあるフレッシュクリームです)をたてて、シブレットを細かく刻んだものと和えて、共に食すつもり。
・ニシンのマリネ

 ふぅ──。見ているだけでお腹がいっぱい。なんだかビザンス社の回し者のようになってしまったけれど、本当に気に入ってリピートし続けているのだから、しょうがないんす。ビザンス社のものに限らなくても、フォアグラとスモークサーモンは、フランス人のノエルと大晦日の食卓に欠かせないもので、この時期、どこのスーパーに行っても、これらの食材コーナーは通常より拡大されている。
 あ、あと、年明けには各雑誌がダイエット特集を組むのもお決まりのパターン。ノエルから大晦日にかけての食い倒れの日々のツケを年が明けてから払うわけです。
 この時期の定番といえば、マロングラッセも忘れてはならない。先日グルメなさとちゃんが出張先から買ってきてくれたお土産は、マロンの産地として名高いローヌ・アルプ地方アルデッシュ産のマロン。「サバトン」というメーカーのもので、去年からAOC(ヨーロッパの優れた農産物、ワイン、酪農品を保証する制度)が設けられたばかりのフランスのマロン業界において、さっそくAOCの認定を付与された逸品という。
 ひと口パクリ。甘みが押さえられていて、栗そのものの素材の良さが生きている。それにしても、しっとり、ほっこり。ほっこりというとちょっと口の中がもさもさしそうだけれど、ほっこりとしっとりは両立できるということが身に染みたマロン・グラッセでした。


 子供たちの12月のお楽しみのひとつに、ノエルまでひとつひとつ開けていく日めくりカレンダーがある。1から24までの数字が書かれたところを点線に沿って開けると、中にはたいていはショコラが入っているのだけれど、時々、ちょっとしたおもちゃが入っている。
 このマロン・グラッセは、私にとっての秘かな“日めくりカレンダー”になりそうです。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

書籍はこちら(Amazon)


電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!