毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2009.06.01

雨宮塔子の食事日記27

雨宮 塔子

雨宮塔子の食事日記27

5月12日

 明日に迫った私の日本への帰国を前に、彼がホワイトアスパラガスの束を手に、帰宅した。
 急な仕事が入り、機内での一泊を含めて、四泊の予定で単身の里帰りをすることを決めたのは、つい先日のこと。半年ほど前に一度だけ、子供をパリに残しての帰国を試みたものの、子供たちに強いた心の負担の重みを知るにつけ、彼らが幼いうちは、もう単身での帰国は二度とすまいと心に決めたはずだった。
 まだ4歳の息子は、母親不在の寂しさをストレートにぶつけてくるだけなのだが、かなり物事がわかってきている、間もなく6歳になる娘の場合、必要以上に頑張ってしまうところが、周囲の大人の目に痛々しく映るらしく、
「『あと5回、それとも4回寝れば、ママが帰ってくるの?』とさやちゃんに毎晩聞かれるのが辛いんです」
 と、帰仏した私を前に、ポロポロと涙を流しながら、言いにくそうに言葉を紡ぐまみちゃん(ベビーシッターさんをお願いしていた女性)の姿に、電気を打たれたように動けなくなった。
 あれからまだそう日が経っていないのに、私はその舌の根も乾かぬうちに、また発とうとしている。“4回寝るだけならいいよ”という、娘の言葉を楯にして。
 晴れやかに見える彼女の笑顔の裏を、覗き込もうとしたけれど、いたずらな瞳に変わって、
「でもおもちゃを買ってきてね」と付け足す娘に、他意は感じられなかった。
 彼は彼で、大事な仕事のためとはいえ、面白いわけがない私の帰国話に、全面的に協力してくれることになった。朝、幼稚園へ二人を送ってくれるだけではなく、娘が行く予定のピクニックのサンドイッチ作りも、「任せてよ」と言ってくれた。
 優しい気持ちをもらったら、その気持ちを返したいと、誰しも思うのではないだろうか。そうした優しい気持ちのキャッチボールが続いて、いい関係を保ち、また高めていけたら、どんなにいいだろう。
 ホワイトアスパラは、前回彼が仕事で帰国した際に、私の両親へ送ってくれたもののひとつで、両親はそれらにいたく感動したのだった。普通に茹でて食べて、その素材のもつ力強さと旨味を充分堪能したのだけれど、あとはどんな調理法が合うだろうかと、わざわざ国際電話をかけてきたぐらいだ。
「またお義父さんたちに持っていって」
 と言いながら、しっかりとした穂先を覗かせた包みを冷蔵庫にしまいかけて、彼はくるりと振り返ると言葉を続けた。塔子はまだ食べてなかったでしょ、お義父さんたちに渡すんだったら、ちゃんと味見をしておかなきゃ、と。
 たしかに私にとって、白アスパラガスは今年の初物だった。そう言えば、“Asperge sauvage”(野生のアスパラガス)もまだ口にしてないなぁ。なんでだっけ!? いくら旬の時期が短いワイルドアスパラガスとはいえ、まだマルシェにも一度もお目見えしていないような……。春先が旬だったと思うけど、このままでは初夏になってしまうではないか。
「何本食べる?」
 キッチンからの声に我に返る。素早く時計を見る私。そろそろ寝ようと思っていた矢先に彼が帰ってきたから、もう2時近いはずだ。夕飯もしっかり食べたし、あんなに太いアスパラ、そりゃ1本でしょ。
「いっぽんだけ」
「ちょっと待ってな」
 二十数分後、黄金色のソースがかかった三本のホワイトアスパラガスが、ホカホカと湯気を立ててやってきた。ん!? 3本!?
 20分ほど茹でたとはいえ、シャキシャキとした食感の残るホワイトアスパラガスは、そのほのかな苦みがいかにも春らしく、瑞々しいものだった。なるほど、ちょっと苦いから、この卵黄を使ったまったりとしたソースが合うのね……。
「このソース、卵黄とマスタードとエシャロットのほかに、何が入ってるの?」
「バターと生クリーム、あと本当はレモン汁が欲しかったんだけど、なかったから米酢にしちゃった。ちょっと変!? 食べられるだけでいいよ」
 いや、変じゃないんだけど……。米酢よりも、バターと生クリームというハイファット性が、午前2時も過ぎると気になってくる。でも、なるほどね。王道の組み合わせだわ。やっぱり美味しいものです。

「あれっ、3本全部食べたの!?」
 彼のちょっと嬉しそうな声を背中越しに聞きながら、急に襲ってきた睡魔に身を任せて、そのまま寝室に行くと、ベッドに倒れ込み、寝入ってしまったのだった。

 

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

書籍はこちら(Amazon)


電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!