毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.03.15

第2回

南極の夏は大忙し

竪谷 博

南極の夏は大忙し

  東京・西荻窪の名物居酒屋・風神亭から南極に旅立った料理人タテヤ。昭和基地に到着し、いよいよ任務開始です。

 本編の予備知識として、南極観測隊の編成について簡単にご説明しておきましょう。

 南極観測隊は、大きく「夏隊」と「越冬隊」に分かれます。12月に昭和基地に入ったのち、夏隊は2月まで約3カ月間の観測活動を行って、日本に帰国します。この期間は南極の夏にあたるので「夏隊」です。そこから先、南極が冬に入ってからも残って観測活動を続けるのが「越冬隊」です。越冬隊は、翌年2月まで活動を続け、次の観測隊の夏隊と一緒に帰国の途につきます。タテヤさんが所属しているのは、この越冬隊です。

 12月から2月までの短い夏の間、昭和基地には、第54次の越冬隊と第55次の夏隊・越冬隊がいます。さらに砕氷艦「しらせ」の乗組員として観測に協力する海上自衛官も加わって、大にぎわいの様子。今回第2回は、この南極の短い夏のレポートです。

 

 こんにちは。今回は昭和基地に入ってからの活動についてお話しします。

「先行氷上輸送チーム」に加わった私は、南極まで20キロの地点に到達した12月14日の深夜2時、「しらせ」を降りて雪上車に乗り込みました。この時期の南極は白夜期。とても深夜とは思えない明るさのなか、雪上車に揺られること約4時間……。

 

ついに昭和基地に到着です!

 

この建物は昭和基地の中心部である管理棟。食堂もこの中にあります。

 

まず出迎えてくれたのはアデリーペンギン。

 

次いで54次隊員愛用(?)の「ほら貝」による歓迎です。

 

そして4時間の苦労を重ねてようやく昭和基地へたどり着いた我々「先行氷上輸送チーム」は、この後、海自(海上自衛隊)のCH大型輸送ヘリコプターで爽やかに昭和基地入りする55次隊の仲間をお出迎えするのであった……。

 

楽々とご入場する仲間たち。「しらせ」からの所要時間は10分!

 

こんな横断幕もお出迎え。越冬していた54次隊が一番欲しかったもの!?

 

昭和基地入りを喜びあうお二人。

 

この後、当然、こうなる……www。

 

こちらのCHヘリには随分お世話になりました。

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!