毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.03.15

第2回

南極の夏は大忙し

竪谷 博

南極の夏は大忙し

  東京・西荻窪の名物居酒屋・風神亭から南極に旅立った料理人タテヤ。昭和基地に到着し、いよいよ任務開始です。

 本編の予備知識として、南極観測隊の編成について簡単にご説明しておきましょう。

 南極観測隊は、大きく「夏隊」と「越冬隊」に分かれます。12月に昭和基地に入ったのち、夏隊は2月まで約3カ月間の観測活動を行って、日本に帰国します。この期間は南極の夏にあたるので「夏隊」です。そこから先、南極が冬に入ってからも残って観測活動を続けるのが「越冬隊」です。越冬隊は、翌年2月まで活動を続け、次の観測隊の夏隊と一緒に帰国の途につきます。タテヤさんが所属しているのは、この越冬隊です。

 12月から2月までの短い夏の間、昭和基地には、第54次の越冬隊と第55次の夏隊・越冬隊がいます。さらに砕氷艦「しらせ」の乗組員として観測に協力する海上自衛官も加わって、大にぎわいの様子。今回第2回は、この南極の短い夏のレポートです。

 

 こんにちは。今回は昭和基地に入ってからの活動についてお話しします。

「先行氷上輸送チーム」に加わった私は、南極まで20キロの地点に到達した12月14日の深夜2時、「しらせ」を降りて雪上車に乗り込みました。この時期の南極は白夜期。とても深夜とは思えない明るさのなか、雪上車に揺られること約4時間……。

 

ついに昭和基地に到着です!

 

この建物は昭和基地の中心部である管理棟。食堂もこの中にあります。

 

まず出迎えてくれたのはアデリーペンギン。

 

次いで54次隊員愛用(?)の「ほら貝」による歓迎です。

 

そして4時間の苦労を重ねてようやく昭和基地へたどり着いた我々「先行氷上輸送チーム」は、この後、海自(海上自衛隊)のCH大型輸送ヘリコプターで爽やかに昭和基地入りする55次隊の仲間をお出迎えするのであった……。

 

楽々とご入場する仲間たち。「しらせ」からの所要時間は10分!

 

こんな横断幕もお出迎え。越冬していた54次隊が一番欲しかったもの!?

 

昭和基地入りを喜びあうお二人。

 

この後、当然、こうなる……www。

 

こちらのCHヘリには随分お世話になりました。

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • その街では、死者も生き返る。
  • 体にも心にも体にも栄養を与える法。
  • 豊富なスナップ写真とともに初公開。
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
その街では、死者も生き返る。
体にも心にも体にも栄養を与える法。
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!