毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.03.27

第10回

無限世界と不完全性定理 後編

大栗 博司

無限世界と不完全性定理 後編

今、私は嘘をついている

 $19$世紀に、無限や極限の性質が解明されてくると、数学の基礎をきちんと考え直すことが大切になった。そのときにお手本となったのは、ユークリッドの幾何学だ。ユークリッドは、「$2$点の間には直線が引ける」「すべての直角は互いに等しい」などの$5$つの規則から出発して、論理的な推論によって、図形の性質を解き明かした。このような推論の基礎となる規則のことを「公理」と呼ぶ。また、公理の集まりを公理系と呼ぶ。

 しかし、ユークリッドの幾何学には不備があった。たとえば、ユークリッドは「点とは大きさのないもののことである」と定義しているが、これは現代数学の見地からすると定義とは言えないものである。また、公理の表現にも厳密さに欠けるものがあった。そこで、ヒルベルトは、ゲッティンゲン大学で$1898$-$1899$年度の冬学期に行った講義で、ユークリッド幾何学の公理を厳密に吟味し、これをまとめた著書『幾何学基礎論』によって、より精密な公理系を完成させた。そして、「数の概念が使えるのなら」、ヒルベルトが整備した公理系には矛盾がないことを証明した。そこで次に問題になったのが、「数の世界には矛盾はないか」ということだった。

 ヒルベルトは、ユークリッド幾何学だけでなく、数の体系を含む数学全体の基礎付けをしようという、野心的なプログラムに取り組むことにした。

 当時、数の世界についても、公理に基づく構成が試みられていた。たとえば、イタリアの数学者ジュゼッペ・ペアノは自然数を定義するために$5$つの公理を考えた。自然数は$1$から始めて、その次の数を$2$、その次を$3$と呼ぶことで、次々に定義していくことができる。これを精密にしたものが、ペアノの公理だ。

 ペアノの公理のうち第$1$番から第$4$番までは自然数を$1$から順番に作っていく方法を決めたものだ。自然数の集合を定義したといってもよい。そして、自然数の集合の中で「数学的帰納法」が使えるということを、第$5$番の公理としている。前節で数学的帰納法を説明したときには、

「$1$から$k$までの自然数について等式が成り立っているとすると、$n=k+1$についても等式が成り立つ。これを繰り返せば、どんな自然数$n$についても成り立つことが証明できる」

などと、当たり前のことのように書いたが、実は数学的帰納法で証明ができるということは、公理として仮定しなければいけなかったんだ。

 自然数の公理系には矛盾はないのか。前編の序文で書いたように、ヒルベルトが$1900$年に出題した$23$の問題の第$1$問は、カントールの「連続体仮説」の証明だった。それに続く第$2$問として、ヒルベルトは、

「算術の公理系の中で、矛盾が起きないということを証明せよ」

という問題を出題した。

 ヒルベルト以前には、数学とは、自然を探求するための道具を作るものだ、と考えられてきた。これに対し、ヒルベルトは、数学の公理系それ自身を研究対象とするという数学の新しい方向を打ち出し、これを「メタ数学」と呼んだ。もちろん、メタ数学といえども何かの公理に基づいていなければいけない。

 そこで、ヒルベルトは、公理系の整合性、すなわち、その公理に基づいた推論で矛盾が起きないことを、公理系自身を使って証明することを考えた。これを数の体系について行えというのが「第$2$問題」だったんだ。


* * *
 

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

大栗博司『数学の言葉で世界を見たら』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


大栗博司『強い力と弱い力』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


大栗博司『重力とは何か』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

No Name2014.5.25

一般的なゲーデルの定理の説明ですが,The consistency of the continuum hypothesis についての説明があるといいとおもいます.

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!