毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.03.06

若い素敵なあなたにこそ
『86歳ブロガーの毎日がハッピー毎日が宝物』
を贈りたい。

幻冬舎 編集部

若い素敵なあなたにこそ<br />『86歳ブロガーの毎日がハッピー毎日が宝物』<br />を贈りたい。<br />

 本書の著者である繁野美和さん(ブログのハンドルネームは、美海さん)が毎日綴る、ブログ「気がつけば82歳」を読むまで、私は、80代の女性が何を考えているかなど正直、あまり興味がありませんでした。
それは、歳をとると、感性は鈍り、日々の彩りなどなくなっていくのだろうとどこかで思っていたから。

 でも、繁野さんの書く文章に出会ったことで、その思い込みは、見事に覆されました。
 繁野さんの描く、毎日の出来事は、キラキラと輝きにあふれていて、まるで女学生が書いたような瑞々しさ。80歳を過ぎても、こんなふうに世界が見えるのならば、長く生きるのもステキだなと、はじめて思ったのです。

 繁野さんは、本のなかで「ブログを書くことで自分の人生を客観視でき、少しは成長できた」と書かれています。
 80歳を過ぎても、挑戦したり、成長したりできるです! 年を取ることに対しての私の偏見にあふれた文章になっていると思いますが、それだけ未知のこと。
 でも、本書で、希望とまだまだ気は抜けないなというエネルギーをもらいました。

 紹介映像もつくりましたので、ぜひご覧いただければ幸いです。

 
繁野美和さんが利用している「アサブロ」に本の紹介ページができました。
https://asahi-net.jp/present/1403/landing.html

竹村優子 
 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

書籍はこちら(Amazon)

関連雑誌

→小説幻冬の購入はこちら(Amazon)
→小説幻冬の購入はこちら(Fujisan)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!