毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2010.01.15

雨宮塔子の食事日記40

雨宮 塔子

雨宮塔子の食事日記40

12月12日

 怒涛の師走がやってきた。これから年始にかけてイベントも盛り沢山だから、胃腸もろとも健やかじゃないと、思いっきり楽しめないのでありんす。
 そのイベント連投の口火を切るのが、今夜の忘年会。いつもの仲間、子供も合わせて総勢30名近くに及ぶ友人たちとの忘年会は、なんと、北マレ界隈の某アパルトマンの最上階に構えるサロンを借り切るという大がかりなもの。
 ドレスコードは結局「レッドカーペット」に落ち着いた。途中、片仮名に弱いノリノリ(お向かいに住む関西人マダム)が誤って「レッドカーテン」と皆にメールしてしまい、(テーマは「エロ」なのか!?)と皆を震撼させる一幕もあったけれど、つき合いも長くなると、何をどう間違えたかも一瞬でわかるようになってしまうのが恐ろしい。
「レッドカーペット」とはいっても、そこはただのドレスアップに終わらず、どこかひねりを加えてくるのが我等流。例えばテーマは「タカラジェンヌ」だと聞いていたはっちゃん(この忘年会隊長)は、深くスリットの入った総スパンコールの青のドレスに、わざと「うわさの姫子」(すいません、年がわかりますね)的にカットして、手を入れた金髪のヅラをかぶっていた。多分にジェンヌさんに失礼であるような気はしたが、自分を落として“アホ”に徹してまで盛り上げるのが彼女だ。

 料理も皆の共同作業。忘年会だし、パーッといこうと、前菜には結構な高級食材を買い求めておいた。“BYZANCE”のイベリコハムやサラミ、「Kマート」のお刺身の盛り合わせ、イタリア惣菜店のモッツァレラにプチトマトetc.……。シャンパンと白ワインはダース買いしてあるし、赤ワインも各自で1本ずつ、持参することになっている。

 あとはうずらの卵や野菜、エリンギなどを串揚げにして、締めにパスタを数種類食べて、デザートへ。いつもながら料理の仕込み隊長はノリノリ。アフロのヅラをかぶり(元モデルのこの人も、必ず“きれい”なだけじゃ終わらない)、黙々と串揚げを揚げるその後ろ姿は、なかなか鬼気迫るものがあった。

 

 もっと“ふつう”でいいのかもしれない。どこかレストランを借り切るなりして、ゆっくり食事を楽しんだり……。でも、皆で楽しむためには、持ちうる労力を惜しむことなく注ぎ込むのがこの仲間たちなのだ。このままどんどんエスカレートしていくのかしらん?
 子供たちには賞品つきのビンゴゲームを用意し、プロのカメラマンであるトムがひとりひとりを撮影してくれるといった豪華な企画もありで、大いに盛り上がった。カメラの前では皆ウケを狙いすぎて、本当にテーマが「レッドカーテン」になっていったことを、一応告白しておこう。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

書籍はこちら(Amazon)


電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!