毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.02.28

第1回

いざ昭和基地へ!

竪谷 博

いざ昭和基地へ!

 東京は中央線沿い、個性的な飲食店がひしめく西荻窪に、風神亭という名物居酒屋があります。メニューは旬の食材を活かした日替わりで、料理人たちが腕をふるいます。そのなかで、高級割烹風一品からワイルドな肉料理、キリっとした手打ちそばからオリジナル・カレーまで、美味しく幅広いレパートリーで常連たちにひときわ人気だったのが、タテヤさん。

 そのタテヤさんが、何と南極観測隊の調理担当隊員としてとして、昭和基地に赴任することになりました。南極ではどんな生活をしてるの? 何を食べてるの? 幻冬舎plus編集部在籍の(こ)が、風神亭15年来の常連というコネを使って、タテヤさんに日記を依頼。第55次南極観測隊公認、独占レポートの始まりです。

 第1回は、昭和基地への道。隊員を南極に運ぶのは自衛隊の砕氷艦「しらせ」です。観測機材、設営資材、食料、燃料を積み込んだ「しらせ」は、海上自衛隊員を乗せて、2013年11月8日に東京・晴海埠頭からオーストラリア・フリーマントルへ向けて出港しました。観測隊員は、11月22日に成田空港を発ち、フリーマントルへ。いよいよ「しらせ」に乗り込み、昭和基地へ向けて出港です。

* * *

初めまして。第55次南極観測隊・調理隊員のタテヤです。
これから2014年12月末まで月2回、昭和基地よりお届けします。
どうぞよろしくお願いします。

【11月24日】
まずは南極へ向けての出港地オーストラリア・フリーマントルに到着! パースの日本人学校の生徒さん達によるお見送り会ではソーラン節の披露がありました。感動(^^)

この後は餅つき大会。隊員達も参加して楽しみました。餅うまかったー!

午後はフリーマントルの街を散歩してきまーす。

日曜日しかやっていないフリーマーケットはとても賑やか!

露店の食べ物も結構うまい。

 

いろんな燻製を売っています。調子に乗って試食してたら「ウッ!」となる、ものすごく独特なヤツを食ってしまった(たぶんカンガルーだったと思う)。

 

中近東へ向かう巨大な羊(!)運搬船。

フリーマントル港のシンボル的な建物。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • その街では、死者も生き返る。
  • 体にも心にも体にも栄養を与える法。
  • 豊富なスナップ写真とともに初公開。
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
その街では、死者も生き返る。
体にも心にも体にも栄養を与える法。
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!