五輪が閉幕したソチでは、3月7日に冬季パラリンピックが開幕する。ブラインドサッカー日本代表も2016年リオデジャネイロ大会でのパラリンピック初出場を目指しているので、(夏季と冬季の違いはあるけれど)こちらの大会にも注目してほしい。それを通じて障害者スポーツへの親しみが増せば、この「満員化プロジェクト」の追い風にもなる。

 ところで、障害者スポーツ最大のイベントであるパラリンピックには、健常者も出場することをご存じだろうか。たとえば冬季大会なら、アルペンスキーの視覚障害カテゴリーで、ガイド役の晴眼者が一緒に滑る。声や音で、後ろを滑る選手にコースや状況を伝えるのだ。夏季大会では、自転車競技の視覚障害カテゴリー(タンデム=2人乗り)は前に晴眼者が乗るし、陸上競技のトラック種目やマラソンのB1(全盲)クラスには晴眼の伴走者がつく。どれも2人のコンビネーションが重要で、高い専門性と技量が求められる役割だ。3位以内に入れば、彼らもメダリストとして表彰台に上がる。単なるお手伝いではなく、れっきとした「パラリンピアン」なのである。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定