毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2002.12.01

第12回 文芸元年3月25日 闘争宣言

見城 徹

第12回 文芸元年3月25日 闘争宣言

 今回のオンリーイエスタデイは、1993年末、幻冬舎創立後、初めての書籍を世に送り出す際に、見城徹自身が書き、書店や取り次ぎに配布したビラの原稿です。
 初めて刊行したその6冊は、1994年3月27日に発売され、ラインナップは以下のようなものでした。

 五木寛之『みみずくの散歩』
 北方謙三『約束』
 篠山紀信『少女革命』
 村上龍『五分後の世界』
 山田詠美『120% COOOL』
 吉本ばなな『マリカの永い夜』

 机を整理するなかで、当時の原稿を偶然見つけたので、今回は特別に、全文をここに掲載します。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!