「また盗掘の跡だ。タルボサウルスだな……。」
 山積みになっている粉々の骨をみながらつぶやく。

 モンゴルは、恐竜化石盗掘という深刻な問題を抱えている。特に2000年からの盗掘は著しく、これまでたくさんの恐竜化石が盗掘されている。その手段は非常に痛々しい。盗掘者は、恐竜のある物を探し出すため、それ以外の骨を粉々に壊してしまう。どんなにすばらしく美しい全身骨格でも、粉々にしてしまう。そのある物とは、恐竜の歯と爪(末節骨)である。

 全身骨格を掘りだし、売買できれば大金が手に入る。それなのに、なぜ彼らは歯と末節骨を探すのか。
 簡単に密輸ができ、比較的お金になるからである。

 密輸した化石はどこへ売られていくのか。それらは、世界中に存在する化石を売買する業者へと流れていく。たまに日本のマーケットにもモンゴルの化石が売りに出される。売りに出されている化石は、違法ではないのか。
 映画などで“マネーローンダリング(資金洗浄)"という言葉を聞いたことがあるだろう。犯罪によって得られたお金の出所を隠蔽し、一般市場に出回っても身元がばれないようにする行為を言う。盗掘された化石にもいろいろな業者を間にはさみ、本元を特定できないようにして、一見“合法"に見えるようにして化石を売っている業者がある。実際そのように販売しているモンゴルの恐竜化石を目にしたら、その業者に聞いてみるといい。追求していくと言葉を濁すのが彼らの常套手段である。とはいっても、日本にはモンゴル恐竜を売っている業者は皆無であるが……。

 盗掘者も最初は、地表に落ちている恐竜の歯や末節骨を売って小銭を稼いでいたのだろう。そのうち、地表からは歯や末節骨が消える。すると彼らは、まだ地中に眠っている全身骨格を狙いだす。その全身骨格についている歯や末節骨をだ。
 大きな犠牲を伴った歯や末節骨は市場に出回り、コレクターの手へと渡る。コレクターの個人的な欲求を満たすために……。こうして世界的な財産そして私たち研究者が追い求めている貴重な恐竜骨格が粉々に壊されている。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定