毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2001.04.01

2001年3月下旬 だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

2001年3月下旬 だらしな脱出できるかな日記

■3月14日(水)

体脂肪38.5%

昼食:12:30 和風のお弁当(野菜の煮物、卵焼き、鰤の照り焼、ご飯、フルーツ、天麩羅など)お吸い物。大量の水。
夕食:15:00 池袋メトロポリタンプラザ地下「●●カレー」 ビーフカレー¥680
間食:15:30 池袋某ドトール・アイスオーレ

 本日は恐怖の人間ドック。朝9時に代々木に行かねばならないので、遅刻してはいけないと7時過ぎに家を出る。昨夜10時から(本当は9時と書いてあったけど、我慢できずにお茶を10時に飲んだ)何も食べず、何も飲まず、煙草も11時で我慢し、おまけにほぼ徹夜状態だったので、朦朧とした意識でバスに乗り、電車に乗る。が、朦朧としているので、池袋に着いたとたん、足が無意識に立ち食い蕎麦屋に向かってしまい、気がついたら券売機の前に立っていた。財布を取り出そうとして、鞄を開け、検便の袋を見てようやく、自分が何のために外出したのかを思い出す。あぶないあぶない。しかし、喉の渇きは絶頂に達していて、代々木の駅を降りても喫茶店やらファーストフードの店が気になってしょうがない。飲み物はいくらでも街に溢れているのに、それを買うお金もあるのに、許されない飲食。まったくもって1人東京砂漠状態。
 逃げ込むように8時半に病院に到着。ひととおり説明を受け検尿後パジャマのような検査服に着替えるが、同行してくれた2人の女性編集者に比べ、私だけやけにパツパツで検査前から辛くなる。視聴覚検査と採血をしてくれた看護婦さんがむっちゃ可愛く、カワイイ女の子好きの血が騒ぐも、肘の内側、左手首、左手の甲と採血を失敗しつづけられ、右手の甲でようやく成功。やはり血管は細く、脂肪が厚いことがここでも証明されてしまう。
 検査を受け(詳細は4月下旬発売のFRaUに書くので自粛)、12時過ぎにようやくお弁当にありつく。予想に反してかなり豪華な内容。バリウムを飲んでいるので「水分をとるように」と言われていたが、言われるまでもなく、2Lのペットボトルのミネラルウォーターをテーブルに持ち込みガブ飲みする。
 帰宅途中、池袋の書店に寄り、ついでにデパ地下に足を踏み入れたら最後、さっき弁当を食べたばかりだというのにフラフラとスタンド式のカレーショップに引き寄せられ、気がついたらビーフカレーを注文していた。「肝臓に脂肪がつきはじめてますから食事に注意してくださいね」とつい3時間前に言われたばかりにもかかわらず、残さず完食。
 帰宅後、昨日メールで送った原稿にトラブル発生。直しに時間がかかり、前回のこの日記を送信したのが朝8時。私以外のコラムは全て更新が完了しているのを見て「だらしな日記」の真髄を見た気になる。

3月14日。厚い脂肪にはばまれた結果、腕には4箇所の注射針跡が残された。うー。
3月14日。何故弁当を食べた後に、カレーを食べるのか。それは私が食欲魔人だから。そして体脂肪の神がついているから。

*本日の読書

「石原家の人々」(石原良純著 新潮社¥1300)……実は小樽の「裕次郎記念館」に3回も行ったほど裕ちゃんフリークの私。ヤジウマ欲はそこそこ満たされる。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!