毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2001.06.01

2001年5月下旬 だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

2001年5月下旬 だらしな脱出できるかな日記

■5月15日(火)

体脂肪37.5%

夕食 22:00 近所の焼肉屋 タン塩、レバー、カルビ、ハツ、サンチュサラダ、ユッケジャン、キムチ、生ビール2杯

 コミック特集の合間を縫って、他のレギュラー仕事の入稿、ゲラ戻し。やらなくちゃ!と思うものの、だらしなの更新をする時間が全然とれない。
 夜、ゲラ待ちの時間をみはからって近所の焼肉屋へ。なんだかとっても久しぶりにご飯らしいご飯を食べたような気になり、少し機嫌が直る。帰宅後2時間ほどゲラチェック。ようやく! ようやく明日漫画の特集が校了(予定)。
 だらしな日記の写真キャプションを書かなければ、書かなければと思いつつ、どうにもこうにも眠くて「2時間だけ!」と久しぶりに布団に横になったら、気がついたときには6時間爆睡していた。ギャ―!
 うっうっ、ごめんなさい!

5月15日 多分、確か、ユッケジャンだったような気がするが、寝不足で本当はあまりよく覚えていない今日の夜ご飯。

*本日の読書

漫画最終チェックのため、新刊読めず。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!