毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2001.06.15

2001年6月上旬 だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

2001年6月上旬 だらしな脱出できるかな日記

■6月1日(金)

体脂肪37.0%

昼食:15:30 近所の喫茶店で海老ドリア\890
夕食:23:30 チキンとしめじのスパゲティ(スパゲティーニ、鶏肉、しめじ、トマト、大葉、大蒜、ゴマ油、オリーブオイル)、枇杷。

 一体人は何時間眠れるのだろうか。
 なんだか最近めちゃくちゃ寝ている気がする。深夜というか、早朝4時くらいに寝ているのに、今日も目が覚めたら午後2時だった。10時間寝るってどうなんでしょう? 寝る子は育つというけれど、もう子供でもないし、育つ必要もないのになー。数年前までは、あんまり寝てると腰が痛くなって目が覚めた。でも、去年奮発してテンピュールのマットを購入して以来、そんな痛みも全くなく、いくらでも眠れてしてまうのだ。困った困った。忙しいと3日で3時間とかしか眠れないこともあるけれど、時間があればいくら寝ても責められないフリーの生活は、気を抜くとどんどん堕落してしまう。
 「規則正しい生活」というものを、命じられたわけでもないのにできる人(知らないけど、村上春樹とか規則正しそう)って凄いよなぁ。
 凄いけど、実はそういうきちんとした人はちょっと苦手だったりするのもまた事実。
 まぁ、10時間寝てる暇があるなら、せめて化粧落としてから寝ろよ、と思わないでもないですが。

6月1日 夕食のスパゲティ。今更だけど、日記を読み返すと自分の麺好きがよくわかる。ってゆーか、毎日ご飯炊くのって、結構めんどーなんだよね……。
6月1日 初めて「買って」食べた枇杷。結構美味しかった。枇杷ってなんだか色っぽい果物だと思うのは私だけだろうか。

*本日の読書

「大槻ケンヂの読みだおれ」(大槻ケンヂ著 イースト・プレス\1400)……かなり古いものも収録されたエッセイ集。オーケンには昔、なぜだか「この人と私は絶対相性がいいに違いない。できれば嫁にして欲しい」と惚れまくったことあり。にもかかわらず、レコードもCDも買ったことはない。

「365歩の竜太」(矢島正雄・作、環ちひろ・画 小学館\505)……スピリッツで連載中の、製菓会社で働く熱血社員のお話。仕事を愛するって凄いことよねー。ほんとにねー。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!