毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2000.03.15

ゲスト・326(=ナカムラミツル)

松村 潔

ゲスト・326(=ナカムラミツル)

●芸術に特化した稀なホロスコープ
 326さんのホロスコープは、珍しいくらい芸術に対する適性を持っています。これまでに数えきれない程のホロスコープを見てきたけれど、これほどまで芸術に向いている人は稀です。
 占星術では、惑星を10個使ってその人の持って生まれた運命を占います。この10個の惑星とは、一個人が生まれながらに抱えている10種類の本性というか、部品です。この10の意識は、たいていの場合、ばらばらな方向に興味を抱いています。一面では堅実にサラリーマンとして生活したいと思っていても、また違う面では自由勝手気ままに暮らしたいとか、相反する方向にも分裂しているものなのです。
 しかし、326さんの場合、それが芸術方向にシャープに「結晶化」しています。持てる力をひとつのことに結集するわけだから、パワフルに、生き生きと前に向かって歩くことができます。

●1978年2月28日午後3時41分(佐賀市)
 326さんが生まれた1978年2月28日午後3時41分、佐賀市の東の地平線には、獅子座が上がっています。
 これは生まれつきのその人のキャラクターを示すサイン。獅子座は『創造、クリエイティブなこと、自分の心の中にあるものを外に感動的に表現したい!』という衝動を表す星です。
 この東の地平線は、獅子座の08度で、前衛的なサビアン占星術で読むと「ガラス吹き工が、自らの呼吸を調整することで、美しい花瓶を作る」と記されています。
 『すでに壊れてしまった既存の価値観の中で、自分が創造的な行為に集中し、もう一度新しい価値観を自ら創造する』という意味になります。
 つまり、なにかを創らないと自分がバラバラになる‥‥という実感をこめた度数。326さんの作品づくりには、ちゃんとこうした動機があるんですね。

●326さんの創造的衝動
 ところで、この獅子座の支配星は“太陽”です。太陽は、第8ハウスに入っています。第8ハウスとは、深層意識の中に入ったり、表には見えない裏側の真実を探るべく、深いところにどんどん潜入するハウスなのです。
 そして326さんは2月28日生まれの魚座。この魚座には、“工夫の水星”と“美の金星”が同居しています。
 つまり、前述の326さんが持つ獅子座の創造的な衝動は、その素材拾いのために、人間の心の奥底に入り込み、そこからイメージを引き出す行為として現れます。時には深刻なものを覗くこともあり、知らず知らずのうちにそうした深淵の世界に興味が引きつけられてしまうのです。
 イラストレーターとか画家の美意識を見る時には、占星術では、“美を表す金星”を見ます。この金星も、この深い意識に潜入する第8ハウスにあって、しかも、“勇気の火星”“安心感の月”とともに、大三角を作っています。
 この大三角がある場所は、第4、第8、第12ハウス。これらはすべて、人間の心や情感を表す部屋です。
 つまり326さんは心に潤いがあり、その結果、繊細なみずみずしさに満ち溢れたイラストを描くことができるのです。

●職業的な達成度
 職業的な達成度を見る時には、ホロスコープの一番高いところを見ます。これを“Mc”と呼ぶのですが、326さんは“牡牛座の00.39度”。この度数は、『生まれつきの資質によって、特異な世界を開く』ということを意味します。
 つまり仕事の展開とか、人生の展開が、まるで運命に導かれるように、あれよあれよという間に開けてくるはずです。
 友達の部屋である第11ハウスの“援助を表す木星”と、このMcは助け合っているので、仕事の展開には、友人が大きな貢献をしていることが分かります。
 アーティストとしては、まさに理想的なホロスコープです。

●甘えん坊で内弁慶な性格?
 個性の癖について見ると、“安定の土星”が“収入のハウス”に近いところにあります。だから、アーティストといえど、実は安定収入が見込める生活が理想的。たとえば、雑誌の連載とか、定期的に入ってくるお金があると、気分的に安定できます。
 “家庭の第4ハウス”には、“いつもここにいたいと感じる安心感の月”があり、家にいるのが好き。しかし、“独立性の天王星”が同居しているので、家にいるのが好きなくせに、家族とべたべたしたり、結婚して、奥さんといつも一緒というのは、ちょっと疲れるはず。家にいても、独立した生活リズムと独立したスペースが必要です。人を入れない部屋を作りましょう。
 きっとこれは小さい頃のお母さんの影響でしょう。お母さんが、わりに独立的な行動をするタイプだったと思われます。
 親密なくせに、互いの独立性を重んじるという生き方なら、うまくいくでしょうね。
 また、第12ハウスという隠れた場所に“攻撃性や怒りを表す火星”が存在し、なおかつ内弁慶な蟹座にあります。ストレスとか、何かに対する不満があっても、それを外に発散する方法がなかなか見つからない性格。自分の中でグツグツと煮えてしまうのです。なんらかの形で、穴をあけて、スカッと発散する方法が見つかるといいですね。

●星に見る326さんの現在の状況と今後のテーマ
 現在の状況を見ると、“責任感と努力の土星”が、職業の第10ハウスに来ていて、“家の中で楽しく過ごす月”を圧迫しています。仕事上のプレッシャーが原因で、感情が硬直ぎみ。
 しかも1年半前から、まったく未曾有の新しい世界に入ってしまい、どうやっていいのか、うろたえながら生きている。なにも知らない世界で、自分はまるで赤ん坊みたいなものだと感じながら、試行錯誤するのです。考えるより前に走れ、という感じで、どきどきわくわくしながら、新しい人生に挑戦しているわけですね。
 “援助の木星”も仕事の場所に来ているので、チャンスはたくさんあります。
 しかし、知り合いや協力者のところに、“トラブルメーカーの天王星と海王星”が来ているので、ここ数年なにかと言いたい放題の変な人が近づいてばかり。刺激はあるし、面白いけど、仕事のじゃまをするので、なおさら仕事はちゃんとしないと‥‥というプレッシャーの板挟みにあいやすいです。
 これから2年半のテーマは、「収入」です。
 ばっちり収入を得られるように頑張るのがいいでしょう。それを目標にすることは、心の安定剤になります。なんだかんだいっても、お金はいっぱい儲けてるんだよ、と思うと、妙に安心できるのです。 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!