毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2001.07.01

2001年6月下旬 だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

2001年6月下旬 だらしな脱出できるかな日記

■6月16日(土) 

体脂肪38.0%

昼食 15:30 雪印冷凍ミックスピザ半分
夕食 23:00 吉祥寺築● 鮎塩焼き、鮭のおにぎり、枝豆、蟹サラダ、生ビール1杯、烏龍ハイ

 14:00起床。なんだか身体がいまいち重いので、吉祥寺に整体に行くことにする。整体なら大泉にもあるのに、わざわざ吉祥寺まで出かけることにしたのは去年10回の回数券を4万円で購入したまま、半分使っただけで期限が切れそうになっていたのを思い出したから。
 そこは全員中国人の先生で、余計なことは言わず黙々と身体をほぐしてくれるので、美容院で話をしたりするのが面倒な私はとても気に行っているのだ。
 家の近所から吉祥寺行きのバスに乗る。が、休日だからか、道が激混みで、いくらなんでも1時間あれば着くだろうと思っていたら1時間20分もかかる。こんなにじっと座っていると、正直お尻が痛い。動くのは嫌いだけど、1カ所にじっとしてるのも辛いんだということは、太り始めてから知った。
 1時間20分の全身整体コースを頼み、早速着替えて横になる。担当の張先生は、がっしり体型で、ゲッターロボのようなの指の持ち主。がちがちに固まりまくった私の身体にその指がめりめり入っていく気持良さったらもう! 1押しごとに身体が解放されて、生き返っていくのがよーくわかる。この快感のためなら金は惜しまん! と本気で思う。
 私はやはり腎臓が弱っているそうで、じゃぁどうすればいいのかと聞いたら「運動して体重減らしましょうねー」と言われた。「ダイエットは煙草と一緒ねー。みんな禁煙しようしようと言いながらしない。病気になってからする。ダイエットも成人病よと言われてからする。それじゃ遅いねー」と張先生。あぁ、まったくもっておっしゃるとおり。
 やっぱ本気で痩せないとまずいかなぁ。そんなわけで私的にはヘルシーな夕食。でも鮎はしっかり食べた。

6月16日 ここの鮎はかなり美味しかった。いろんな料理方法があるけど、鮎はやっぱり塩焼きが一番!できれば5匹でも10匹でも食べたい。
6月16日 蟹サラダだけど器はヒラメ。あれ? カレイかな? あら? どっちだっけ……。

*本日の読書

「村上ラヂオ」(村上春樹著 大橋歩画 マガジンハウス\1238)……雑誌「anan」での連載をまとめたもの。もう5年くらい前からananは読まなくなったので知らなかった。説教や主張などのない、非常に穏やかな午後のFMラジオのようなエッセイ集。ぼんやり読むとなんだか和む。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!