毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2001.07.15

2001年7月上旬 だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

2001年7月上旬 だらしな脱出できるかな日記

■7月1日(日)

体脂肪34.5%

間食 14:00 かき氷(いちごシロップ)
昼食 14:30 コロッケパン(牛肉コロッケ+イギリスパン)、クルームコロッケパン(クリームコロッケ+イギリスパン)、コーヒー牛乳
夕食 22:00 デリーのコルマカレー(大蒜バターで炒めた鶏肉トッピング)&ライス、卵とチキンのサラダ(レタス、ゆで卵、鳥胸肉)

 暑い。なんだかとっても暑い。
 あまりにも暑いので、日曜恒例テニスの帰り道、スーパーに寄って「かき氷シロップ」を購入する。我が家にはやっぱり同じように激暑だった3年前の夏の日、突発的に購入してしまったかき氷器があるのだ。名前は「白熊くん」(工夫なし)。
 ロックアイスも一緒に買って、帰宅後早速かき氷を作る。シャッ、シャッ、シャッ、シャ……ハンドルを回すと聞こえる音も涼しげだ。あっという間に出来上がり、着替えもせずにそのままリビングの床に座り込んで食う。うーーん、うまいっ!
 頭がシビレそうになるこの感覚、あー、久しぶりだぁ! でもシロップの味は、なんか昔の方が美味しかった気がする。合成着色料とかがんがんはいってたに違いないだろうけど、子供のころ食べたかき氷シロップのほうがパンチが効いてたような。
 夜は鶏肉を炒めてデリーのレトルトにかけた手抜き食。これもまた、夏の味!って感じで満足満足。

7月1日 白熊くん&お手製かき氷。味噌汁椀に入ったかき氷というのも、なんだかなー。ガラスの器買わなくちゃ……。
7月1日 デリーのコルマカレー。トッピングの鶏肉は、比内鳥の胸肉。バターと摩り下ろし大蒜で炒めて、軽く塩胡椒。レトルトのわりにはお高い(うろ覚えだけど\600ぐらい?)けど、絶対的にウマイ!

*本日の読書

「アジア自由旅行」(島田雅彦・佐藤治彦著 小学館¥1470)……アジアといってもアジアンリゾート系ではなく、ミャンマー、モンゴル、イスラエルなど硬派な旅本。最近ネットのおかげで旅行会社のツアーではなく個人旅行者が増えているみたいだけど、この本にもそんな「お助け63サイト」が紹介されていて便利。それにしても元気だなぁ、島田雅彦……。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!