毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2001.07.01

ここ数年、他の人なら足止めを食らわないような厄介なことに、いちいち吸い寄せられるように引っかかって歩いているような気がします

松村 潔

ここ数年、他の人なら足止めを食らわないような厄介なことに、いちいち吸い寄せられるように引っかかって歩いているような気がします

■占ってほしいこと

 ここ数年、他の人なら足止めを食らわないような厄介なことに、いちいち吸い寄せられるように引っかかって歩いているような気がします。特に人間関係にはまることが多く、今は会社の強烈な女性の上司にどっぷりはまっています。その時代その時代に自分の進むべき方向に必ず一人二人強烈に目をつけられる相手がいるといった感じです。自分では認めたくないのですが、見ている人にもあなたってついてないねと言われることが多くなってきました。
 親が4年ほど前に亡くなってからはその傾向が強くなりました(何か関係ありますか?)。
 苦労してついたやりたい仕事を続けるためにはずっとその人と半径2m以内でやっていかなくてはならず、最近は、辞めて結婚してしばらくのんびりしようかなーなんて、今までなら仕事を優先してまだまだ選ばなかっただろう選択(相手にたいする不満はありません)も真剣に考えています。仕事を続けたいのにここでやめてしまう不安と彼との結婚の展望を教えてください。彼は1971年4月19日に生まれました。

--

お名前:アサ
生年月日:1974年4月28日
生まれた時間:午前11時分
生まれた場所:北海道県札幌市


■回答

●相手につけこまれてしまう性格? そして、それが周りにバレてる。

 獅子座が東の地平線にあがった人は基本的に自己実現をすることにもっとも関心があります。その獅子座の支配星の太陽は、仕事のキャリアを示す第10ハウスにあるのですから、自分の技能を活かして、職業的に成功することが自己実現なのです。
 これだけを見ると、自分の目的を強く追求する人に見えますが、隠れたハウスにある、感情を表す月は、同情心豊かな蟹座で、情に流されやすい傾向があります。また、対人関係で感情的に相手に同化する第8ハウスには、やさしい魚座の木星と、金星があり、これが蟹座の月と協調関係にあるので、じつはとてもやさしい、やわらかい人。
 こういうのは相手に読まれます。つまり無理に押せば、なんとか対応してくれそうな人だと、周りの人にはわかってしまうのです。
 金星や月という女性としての資質はやわらかくやさしいのですが、その結果、意志の実行を示す火星には、禁止の土星が関わり、深い意志の冥王星とも90度の関係で、自己の意志を強気で実行するには、かならずブレーキがかかることを表しています。この火星と土星という意志の規制のアスペクトは、蟹座にあり、蟹座は個人的な意志を捨てるというサインなので、友人関係(第11ハウス)を通じて、あなたの野望を止めてくる影響がもたらされるのですね。
 つまり野心はあるが、情に流されやすく、意志を止めてくるものが友人関係からやってくるという組み合わせを考えると、人生に邪魔者はやってきます。
 しかしこの程度であれば、よくある話なので、そんなに障害とは言えないはず。そこで、時期的なことを考えてみましょう。

●関わる人はみんな、あなたの人生を迷わせている。

 野心の実現を示すポイント、第10ハウスの牡牛座にとって天敵のサインとは水瓶座です。これはちょうど、お買い物をして、これは自分だけのものと思っていたら友達がやってきて、勝手に持ち出し使ってしまうという、といったイメージで考えてみるとわかりやすいでしょう。牡牛座は個人の所有。水瓶座は共有とかレンタルとか、人の手垢がついてしまうサインです。牡牛座の気分は壊されてしまうのですね。
 で、アサさんの場合、この水瓶座は対人関係の第7ハウスにあります。ここには1996年から天王星が、98年からは海王星が入っています。この配置を見る限り、96年以後、長期的に人生を迷わせるような影響が対人関係で出ているのです。とりわけ最近はひどいです。というのも、曖昧さ、ごまかし、夢、混乱ということを表す海王星が、水瓶座の8度近辺をうろついていて、これがアサさんの人生を司る太陽に、90度で妨害をかけているからです。簡単にいえば、関わる人はみんな、あなたの人生を迷わせている。
 とくに最近はあなた自身にも防衛力が失われています。進行する月は、自我の解体の第12ハウスを移動中で、これまでの経歴、社会イメージを溶解していく時期にあり、新しい自分づくりを開始するために、いったん経歴をチャラにしてしまうサイクルと考えてもいいのです。もともと生まれつき蟹座に月があるのに、そこに進行の月が蟹座に入ったので、自分の本性を思い出します。これは個人の野心を捨てて、人の意志に同化してしまう傾向です。太陽に海王星がスクエア、進行の月が蟹座で第12ハウス。この2点のみを考えて単純に判断しても、仕事イメージが解体していき、もう一度人生のしきり直しをするということは推理できます。
 2003年からは、アサさんの関心は新しい興味に集中し、また社会活動には失うので、実は、結婚して暇を作り、その間に新しい勉強をするというやり方は戦略としては最適なのです。それは不幸なイメージで始まることではなく、楽しいイメージでスタートします。ですから、過去にこだわらず、ちょっとのんびりした生活設計をしてもいいと思います。やがてまた浮上する時期がやってくるからです。
 「苦労してついたやりたい仕事」とのことですが、ほんとは98年とか99年くらいから、キャリアを維持することに対して情熱を失っているはず。そのころ仕事上でかなり緊張が走っていたはず。うまく波乗りしながら、自分のやりたいことを実現するには、まずは結婚を選んでもいいと思います。それで余裕のある時間を作りましょう。そして勉強などもしてみるといいと思います。 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!