毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2001.09.01

不倫中です

松村 潔

不倫中です

■占ってほしいこと

 不倫中です。彼とは、同じ会社で期間は2年になります。そこで、今後、私がどのようになっていくのか占っていただきたいと思います。私は将来海外に移住を希望しています。
 また、彼は離婚をすると言っていますが、行動は消極的です。奥さんと話し合いを持ちません。そんな訳なので、占ってください。よろしくお願いします。

--

お名前:KARIN
生年月日:1973年5月28日
生まれた時間:午前10時45分
生まれた場所:(本人希望により非公開)


■回答

 異性に対する基本的なアプローチというのは、男性のホロスコープでは月や金星に、また女性のホロスコープでは、太陽や火星に表れてきます。結婚に関わるような、つまり「長期安定した異性関係」という点では、さらに絞られて男性の図では月、女性の図では太陽になります。
 男性の図で月が、そして女性の図で太陽が、それぞれ冒険的で、変則的なアスペクトを持つと、その人は異性関係において枠から逸脱しがちです。占星術で、惑星と惑星のアスペクトは行動特性を示します。穏和でイージーなアスペクトは枠からはみ出しにくく、チャレンジングなハードアスペクトははみ出す傾向が、さらにその太陽や月とハードな関係にある天体が遠い天体すなわち冥王星や海王星、天王星などであれば、世の中の常識の枠からはみ出しがちです。そのような人は傷つく体験をしやすいのですが、同時におとなしいアスペクトの人には得られないようなダイナミックな体験をすることが多くなります。心の中にある男性像や女性像が、ありきたりでない超越的なイメージを持っているが故に、異性関係に過大な夢を託してしまうのです。このパターンは不倫が増加します。
 さてkarinさんの場合には、男性や結婚相手を示す太陽が、第10ハウスにあり、遠い天体である海王星と、180度というハードなアスペクトを持っています。男性に夢を抱きすぎて、ありきたりの相手ではけっして満足しないという配置です。しかも人の良さや善意を示す木星と、120度というイージーなアスペクトがあり、男性に対して甘やかしすぎ。冥王星との120度は、一度壊れても、また再生するという持久力の組み合わせです。つまるところ、立ち直りが早く、人が良いという、男性から見て、都合のいい女性ということでもあるのですね。そして第10ハウスということは、社会的な立場差、年齢差を示すので、相手は上司とか、お父さん的な年長者になりやすいのです。
 太陽と海王星が180度の人というのは、あたかも夢の中に住んでいるかのような雰囲気があって、けっして現実を認めないという傾向があります。まるで聖職者のようにいい人であることにこだわり、よくごまかされます。
 女性のホロスコープで、男性を示す天体はもうひとつ火星がありますが、これは太陽に比較すると、長期安定した関係というよりは、異性とわたりをつけるインターフェイスのような役割があります。karinさんの火星は、人間関係を示す第7ハウスにあり、しかもアスペクトとしては、リラックスや緩和を示すイージーアスペクトがありません。簡単に言えば、男性関係においては、比較的不安定で、いろいろと問題が出やすいということなのです。
 女性としての生き方はどうかというと(月や金星で考えますが)、karinさんは、この点では安定しています。月は私生活の繰り返されるリズムを意味しますが、木星や海王星とのアスペクトは、やはりちょっと人のいいノリの良いキャラクターです。また社会的な顔としての位置にある金星は、規律やルールの土星と合ですから、几帳面さが出てきます。女性としてはルーズでもないし、きちんとしているけど、男性に対してはちょっとオバカ? という感じのホロスコープになるのですね。全体に深刻さはあまり感じられないホロスコープでもあるので、暗い人生というわけではありません。
 関係の始まった2年前を見てみましょう。
 天を移動する冥王星が、生まれた時の海王星に重なり、結果的に、生まれつき持っている男性像である太陽と海王星の180度の組み合わせに対して、強い影響を与えている時期です。冥王星は限界をうち破る天体なので、そもそも枠をはみ出しやすい傾向のkarinさんに、さらに制約をうち破る力が与えられたのですね。
 しかし今年、軌道修正を示す土星が、この太陽に重なってきたので、いまはこの関係の見直し時期です。この見直しがもっとも要求されているピーク点は、6月でした。この時期に、目立った行動を取らず、関係が続いている場合には、今後も継続する可能性が高くなります。なぜなら土星が通過した時に決定したことは、「定性的に」持続する傾向があるからです。
 気分の変化を示す進行の月は、海外の第9ハウスに移動し、これは対人関係の固定的な深入りを意味する第8ハウスから去ることも意味しますから、前ほどは相手に縛られることは少なくはなるでしょう。
 女性としての自身の生き方をはっきりしなくてはならなくなる時期は、来年の5月や6月あたりからやってきます。これは女性を意味する金星と土星の組み合わせに、天を移動する土星が重なり、さらに冥王星と180度の配置で迫ってくるために、プレッシャーがもたらされます。男性を示す火星と、この土星、冥王星はT字という厳しい配置になり、冥王星が火星と90度になるのは、「切断」、土星と火星が90度になるのは「終息」という意味にもなるので、女性としての自分の姿勢を明確にする。さらに男性との切断という点で、2002年の半ば、今の関係が終わる可能性もありますね。ただし、冥王星は行ったり来たりして、いまも男性を示す火星と90度の関係ですから、あやうい関係を繰り返す状況はいまも変わらないでしょう。来年の場合には、ここに土星という、「定性的に」決定する項目が加わり、決めたという姿勢が出てきやすいのです。
 ただ気になるのは、生まれつき太陽は夢を抱く資質。もし今の不倫が終わっても、つぎにまた出てくる可能性はあるのです。あくまで可能性ですが。それなら、いまの関係は次の新しい展開を生み出すことに対する封印の役割として使えるということもあるのです。このあたりは、結局自分はなにを望んでいるのかをもっとちゃんと自己確認したほうがいいでしょう。
 karinさんはちゃんとした能力のある人だと思います。太陽に関わる木星や冥王星を見る限り、仕事面で地位が上がり、だんだんと大物になる気配が感じられますが、仕事で大きな目標を立てて、それを確実に達成すると良いでしょう。異性関係で、間違った相手を選びやすいというのが難点ですが、しかし必ずしも悪い影響ばかりとは限りません。 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!