毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2001.10.01

99年の7月から無職になり、アルバイトを転々としている26歳の女性です

松村 潔

99年の7月から無職になり、アルバイトを転々としている26歳の女性です

■占ってほしいこと

 はじめまして。
 99年の7月から無職になり、アルバイトを転々としている26歳の女性です。
 せっかく大学まで出させてもらったのに社会に適応できずに、いまだ親元から独立できずにいる、いわゆる「パラサイト・シングル」です。
 図書館通いをしつつ、現実の役に立ちそうもない哲学や歴史や物理学などの学問をひたすらに勉強しています。
 そんな自分に疑問を抱き、ちゃんと社会の役に立てる人間にならなくては・・・とあせっています。
 一方、詩や漫画の創作活動などのお金にならない事に対する欲求も捨てがたいのです。
 現在71年1月11日生まれの方との結婚話がもちあがっています。彼と結婚すれば社会的に「安定した」人生が歩めるのはほぼ約束されています。
 しかし前彼からやり直そうとの誘いも受けています。彼は77年9月17日生まれの漫画家志望のやはり同じフリーターです。前彼のもとに戻り、共に夢を追って行きたいとも思っているのです。
 こんな優柔不断な私にどうかアドバイスをよろしくおねがいします。

--

お名前:naomi
生年月日:1975年03月29日
生まれた時間:午後03時40分
生まれた場所:東京都東久留米市


■回答

社会運や仕事運にはブレーキが……

 naomiさんのホロスコープは、全部部品はそろっているのに、うまく動かすには、意識的に、自分の能力のいくつかを結合しなくてはならない、という状況だと思います。生まれつき個人の個性としてのアセンダントも、社会的な大人の自我としてのMCも、支配星はうお座の水星。これは結婚とか対人関係の第7ハウスにあります。
 しかしこの水星は、アスペクトがないために、知的な関心という水星の機能が、特定の方向に働かず、哲学とか宗教とか、人間の生き方に関してのテーマなら、なんにでも頭を突っ込んでしまう傾向があります。人がそのことでどういう意見をもっているか関心を抱く配置です。
 それはそれでいいんですが、社会運とか職業運としてみてみると、ちょっとブレーキがかかっています。まず、労働力の第6ハウスには、根性と行動力の火星がありますが、アスペクトがないために、水星と同じように、発揮の方向性が明確ではありません。しかもみずがめ座で、19度にあるために、いわゆる保守的な、いかにも会社という雰囲気の職場を嫌っています。時間が決まっていたり、仕事もないのに、それでも出社するというような型にはまった職業生活には適していないのです。それにアスペクトがないために三十代半ばにならないと、あまりちゃんと働いてくれないという傾向があります。

私生活のリズムは妥協せず、自分流の方針を変えない。
主婦には不適かも

 またもうひとつの長期的人生設計にかかわり、社会生活に貢献する太陽は、おひつじ座の初期にあって、まだ常識が身についていない子供状態に似たところがあります。しかも土星、冥王星という天体とのハードなアスペクトがあるために、公的な生活を展開するには、遅延装置がかかっていて、プレッシャーも強すぎ、なかなか思い切って社会に飛び出すことができません。
 ただ、保護の木星があって、しかも人のお金を期待する第8ハウスに近いので、どちらかというと、自分で儲けるよりも、パートナーの収入能力に依存したほうがいいタイプです。
 また私生活の運営方法を意味する月は、独立性の天王星と重なり、そしてこの月と天王星のセットが孤立しているために、さらには戻る場所を持たないでうろつく第3ハウスにあるために、金銭的に依存する生活をしても、私生活のリズムは妥協せず、自分流の方針を変えないのですね。主婦はできにくいです。
 働く能力が不整脈、社会運が遅れる、パラサイトには向いている、私生活では独自性を主張する。これらから考えて、急いで就職したりするのはやめましょう。私個人的には、別に誰もが独立的に自立しなくてはならないと考えなくてもいいではないかと思っています。明治時代頃までは、何もしない暇な人はたくさんいたし、そういう人たちの中には教養人はたくさんいたし、がんばって働いて馬鹿なことに労力を奪われるくらいなら、優雅にパラサイトしながら、読書していたほうがましですよ。いろいろ事情は違うでしょうが、親にお金がある間は続けていてもいいのでは?

根本で何を望んでいるのか、しっかりと意識化すべき。
人生の本格的な活動期は2012年以後

 さて、結婚相手のことですが、ありきたりだけど生活が安定する。売れないかもしれないけど、楽しいという二種類の方向性があるのですね。naomiさんの結婚相手は、naomiさんの表面的な意志決定ではなかなか決めづらいはずです。そもそも太陽と冥王星が180度の人は、よく結婚が土壇場でつぶれたりしやすいのですが、理由は、自分の意志を妥協させられず、結婚相手とのかかわりによって人生方向を変更するということに、深層の意志である冥王星がノーと言うからです。冥王星の意志はなかなか表面意識では気がつかない深いところにあります。
 太陽は表面的な意識でとらえることができる。つまり結婚を決めてそれを進めようとした時に、深層の冥王星がまるで偶然のようにして、話の進行を止めてしまうことはよくあるのですが、本人にはその理由がよくわかっていないということがあるのです。根本で何を望んでいるのか、もっとしっかりと意識化し、あらためて結婚について考えたほうがいいでしょう。選択の基準としては、naomiさん個人の自由が確保できるかどうかも大切です。
 naomiさんの人生の本格的な活動期は2012年以後なので、それまでいかに暇を確保できるか、好きな勉強ができるかというのはとても重要なことだと思います。人生は遅咲き。しかし遅咲きではあるが、役に立たない人ではないのです。 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!