毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2001.12.01

将来の進路についてご相談させていただきます

松村 潔

将来の進路についてご相談させていただきます

■占ってほしいこと

はじめまして
 将来の進路についてご相談させていただきます。
 ライターをしながら小説の勉強を始めて四年になります。才能があっても書かなくては実を結ばないし、無くても書き続けることで何かが開けるのではないかと自分に言い聞かせて現在に至るのですが長い作品を書き終えたところで先行きが知りたくなりました。デビューの可能性はあるでしょうか。チャンスがめぐってくるのはいつ頃でしょうか。もしこれらの見通しがあまり良くない場合、少しでもそれを上向きにするにはどうしたらよいでしょうか。
 また新人賞に応募するのと、関連の編集部に持参するのとどちらに幸運がありますでしょうか。

--

お名前:縞
生年月日:1969年2月17日
生まれた時間:午前6時7分
生まれた場所:三重県尾鷲市


■回答

大きな意志に動かされて衝動的に行動するという傾向が

 縞さんは、ほぼ新月の生まれです。太陽が大きな目的だとすれば、月はそれを形にする力を意味しているのですが、新月直後は、この太陽の目的意識が月に植え込まれた直後なので、なにか大きな意志に動かされて衝動的に行動するという傾向が縞さんにはあるはずです。
 縞さんの太陽と月は、個人の個性を表す第1ハウスにあって、非常に自己依存的ですから、新月の意味も組み合わせると、どうしても実現しなくてはならない大きなテーマがあることを伺わせます。水瓶座の27度や28度は、これまで自分を育ててくれた環境の土壌から自分を切り離し、本当の意味で自由を持つ個体を形成することに意義があって、それが「さなぎから生まれる蝶」という太陽のサビアンシンボルとして表現されています。
 ただ縞さんは大きな矛盾を抱え込んでいます。
 それは、蠍座の終わりに、夢を示す海王星と、意志を示す火星が重なっているところに表れています。自主性を示す太陽は水瓶座なのですが、水瓶座に対してかなり対立した意味を持つのが蠍座です。水瓶座が空間的に自由に行動したいという傾向をもつのに比較して、蠍座は水のサイン、すなわち情念的な他者との結びつきなど、他との深いかかわりによって、身動きがとれなくなるサインなので、縞さんの自由な水瓶座の太陽の力はストレートに発揮されにくく、つねに亡霊のようにまとわりつくものに足を絡めとられて、何かすっきりしないのです。
 このまとわりつく火星・海王星は、実人生でさまざまな形になって表れてきます。占星術の惑星は象徴なので、具体的な事例としてひとつのことにあてはまることはありません。たとえば火星は男性で、海王星と結びつく火星は、異常な情念にはまる傾向がありますから、人によっては、ストーカーのようにしつこい男性にまとわりつかれて逃げるに逃げられず、自由な経歴追求の邪魔になったというケースもあります。なんにしても蠍座の終わりころというのは、もう去るべき過去の世界から、なかなか抜けられないということを意味していて、これが縞さんの人生目的追及においての遅延装置として働くのは避けられないことかもしれません。
そもそもそうした過去に足を引っ張られていたいという願望も縞さんの中にあって、未解決問題を扱うのが得意分野になる傾向だってあります。
 さなぎから蝶に変貌しようという太陽と、さまざまな題材を公平に、まるで混雑する市場のように雑多に扱ってみたいという月は、その力を十分に発揮するには、個人というよりは、ある程度集団的になりたつ過去の問題をクリアしないことには、十分に機能しにくいとしても、このスタイルそのものを、小説とかものを書く時の題材にすると、多くの人の共感を得やすいかもしれません。たとえば過去の歴史で、その意志を葬られた人の、解消されない念が、縞さんにはとりつきやすいと見てもいいです(あくまで、これは象徴的な意味です)。すっきり飛び立つためには、何かまだ解明しなくてはならない謎の部分があって、こうした根本的に重い題材に縞さんは適している面があって、基本的に重いものを扱える人だと考えてもいいでしょう。
 言うべきことがはっきりあるなら、小説家になるべきではないですか?

95年からの潜伏生活が完全に終わるのは、2009年の夏

 縞さんの運気の流れを見ていると、95年から潜伏生活に入っています。これは新しい技能や生き方を確立するために、地下に潜るという時期で、ここからしばらくは他者とか周囲に関心が向きにくく、自分ひとりで使える時間があるととても楽しい時期でもあります。
 運気というよりは、内面の生命サイクルという点では、30年サイクルのスタートが98年の6月に。進行天体の新月は魚座の27度で第2ハウス。つまりその後の30年間の目的は根源的な生産性や創造力を発揮すること、そのことで収入を得ることというのが大テーマになっています。
 いまは進行の月はまだ第3ハウスにあって、孤独な戦いはまだまだ続きます。しかし、この95年からの個人的で孤独な作業の成果は、2003年の夏くらいから、集団的な根つけをされてゆきます。つまり、たとえていえば、苗の新種を95年から開発していて、それが安定して育つことが判明したので、2003年からは、実際の田んぼに植えていくという段階がやってくるのです。他の人の共感を得て、活動範囲がゆったりと大きなフィールドに移し替えられるので、少しずつ発展期に入ると見てもいいでしょう。95年からの潜伏生活が完全に終わるのは、2009年の夏で、それまではまだ試行錯誤は許されます。
 水瓶座にとって最も重要な天体である天王星は、来年には縞さんの太陽や月に重なってきます。縞さんは来年あたりから、生き方において、私生活の運営の方法において、迎合しなくなり、自分らしさを発揮するようになってきます。そもそも生まれつき、他者を示す第7ハウスの支配星の太陽が、本人を意味する第1ハウスにある生まれなので、人から注目されていないと生きていけません。
 基本的に裏方に回らないほうがいいので、今後の上昇サイクルの波をうまく利用して、目立つ立場になりましょう。 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!