毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2002.09.15

結婚して10年になります

松村 潔

結婚して10年になります

■占ってほしいこと

 結婚して10年になります。なのに、夫がどのような人か全く分かりません。深く追求しない私もいけないのでしょうが……。
 夫は映画をみても感想は言わず事実(描写)についてしか語りません。全てに関して感情を表わさないので、理解不能です。彼はどういったキャラクターなのか教えてください。 また、本人は外資系企業に勤務し、かなり転職を繰り返しています。職を転々とする事を気にしています。これは夫の本心の行動なのか、私の転職願望につられて夫が行動しているのかについても教えてください。
 私は転職願望があるのに転職しないでいます(妻:1969年2月26日 午前5:55 静岡県浜北市生まれ)。

--

お名前:かどかどの夫
生年月日:1967年6月14日
生まれた時間:午前4時10分
生まれた場所:北海道札幌市


■回答

●酒を飲んで言いたい放題言うしし座と、次の日になって猛反省するおとめ座の二面性を持つ。

 妙な質問ですが、性格描写は、ホロスコープでは比較的やさしい分野なので、さくさくっと読んでみたいと思います。
 生まれつきのキャラクターを示すのは、まずは東の地平線、つまりアセンダントと言われる場所です。ここは、ふたご座の24度で、知性の終端処理を示す度数です。サビアンシンボルで見ると「パームツリーを剪定する男」となります。これは、勝手に伸びる樹の枝葉を切り落としてゆく度数なんです。自分の感情とか気持ちが勝手に、隣の家の庭まで伸びてゆくことを禁じ、まあ教育者に多い度数です。
 わたしは「大槻教授の度数」と呼ぶことにしています。
 生まれつきのキャラクターという点でもうひとつ重要なのは、七歳くらいまでに育成される、月の部分。これは三つ子の魂百までというような、小さなころ育成された個人的なキャラクターは、大人になっても、基礎的な部分は変わらないことを示しています。月は、感情とか、あるいは考えないでいるときにふっと出てくるその人の原初的な反応パターンを表しているのですね。
 さて、月はおとめ座の0度にあって、しかもほかの天体とのアスペクトがありません。おとめ座というのは、人間的な形をまとめるサインで、その前にあるしし座を否定して成り立ちます。しし座というのは、個人の主観的な感情をそのまま好きにぶちまけてしまうサイン。それに対して、おとめ座は恥ずかしいと思い、しし座の主観的な意識を抑圧する性質です。しし座とおとめ座を比較すると、一番わかりやすいたとえは、酒を飲んで言いたい放題言うのがしし座の部分。次の日になって反省モードになり、昨日はすみませんでした、というのがおとめ座の部分です。どのサインも、始まりの度数は、そのサインを強烈に主張するので、おとめ座の0度に月がある人は、映画を見てああだこうだと感想を好き放題述べるしし座の要素を自分の中で押し殺し、細部にいたる描写とか、細かいところを気持ちを交えないで、話すことになるのです。それについてどう思うの? と聞かれたら、うろたえて、わからないと答えるはずです。

●まともな情操教育を受けず、子供の頃の親との関係で、感情を表現するということについて禁じられて育った?

 アスペクトがない月ということから考えると、この人は子供の頃の親との関係で、感情を表現するということについて禁じられたのだと思います。
 事実、家庭を示す第4ハウスには、異常な状況を示す冥王星・天王星があり、しかも第4ハウスの支配星である太陽は、隠れた第12ハウスにあるので、まともな情操教育を受けていません。ちょっとかわいそうになってきてしまいました。
 しかし、面白いのは、金星と木星はこの言いたい放題のしし座にあり、しかも少々アナーキーな度数領域にあるんですよ。第3ハウスという、外に行くと、けっこう好き放題な行動なんです。あるいは女性に対する姿勢で言うと、結婚していない女性に対しては、破天荒な刺激を求め、けっこう予想外の展開を面白がるのですが、結婚すると、いきなり観察するのみで沈黙するという世界になってしまうんです。このあたりの落差が大きいです。

●転職癖は生来のモノ。仕事に関してなんでも引き受けるような発展型の人ではない。

 それからこの人の転職癖は、生来のものです。長期的な人生づくりの太陽は、冥王星・天王星とスクエアにあって、これは方向性の急転回を表します。こないだ大阪に行って、大阪のホテルのロビーで、同じアスペクトの女性のホロスコープを見ていましたが、その人は、休みなく転職している人でしたよ。
 また、行動力や攻撃力を示す火星は、禁止の土星に捕まえられていて、自分の意志をストレートに屈折なしに表現することができません。自ら手にお縄をつけているのです。男性を示す天体は太陽と土星ですが、この両方がちょっと屈折しているので、仕事運において、スムーズではないんです。職場の第6ハウスには、無責任の海王星があって、それがキャリアを示すMCにスクエアなので、不注意とかあいまいな姿勢が、キャリアの蓄積の足を引っ張っています。太陽は、「樹の上の三羽の雛」という度数で、重要なことだけをしたい。それ以外の瑣末なものはカットしたい(アセンダントの度数を思い出してください)という行動パターンがあって、仕事に関してはなんでも引き受けるような発展型の人ではないです。
 かどかどさんがこの人と結婚していなくて、デート相手としてつきあっていれば、その時には、この人は楽しい面を見せて来るんですけど、結婚している相手に対しては態度がはっきり違うので、かどかどさんは、この男性のある一面しか見せられていないということだと思います。結婚する前は面白かったと思うんですが。でも、それでも感情表現においては、やっぱり感情は殺してしまうでしょう。
 というわけで、かどかどさんが転職癖をつけたのではありません。 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!