毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2001.09.01

2001年8月 だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

2001年8月 だらしな脱出できるかな日記

■8月1日(水)

体脂肪35.5%

昼食 : 14:00 カレーライス(一昨日の残りに野菜ジュース追加)
夕食 : 23:00 カレーライス(帆立、海老、ブロッコリー追加)

 昨日またしても超ギリギリでこの日記を仕上げ、つまりまくった仕事に朝までかかり、朝10時就寝。13時半起床。
 起きていきなり一昨日作ったカレーを食う。
 一昨日読んだ「ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。」が、結構あとを引いていて、身近な人たちにメールを送ってみる。と、みんな結構動揺人だったことがわかり、自分だけではないのだと少しだけ気が楽になる。
 面白かったので、判断テストを転載。

*自分をとりまく環境の変化によく気付くほうだ。
*他人の気分に左右される
*痛みに敏感だ
*忙しい日が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃げられる場所にひきこもりたくなる
*カフェインに敏感に反応する
*明るい光や強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい
*豊かな想像力を持ち、空想にふけりがち
*騒音に悩まされがち
*美術や音楽に深く心を動かされる
*とても良心的である
*すぐにびっくりする
*短時間にたくさんのことをしなければならない時、混乱してしまう
*人が何かで不快な思いをしている時、どうすれば快適になるかすぐに気付く
*一度にたくさんのことを頼まれるのがイヤだ
*ミスをしたり、物を忘れないように、いつも気をつけている
*暴力的な映画やテレビは見ないようにしている
*あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると不快になり神経が高ぶる
*空腹になると集中できないとか気分が悪くなるといったことがある
*生活に変化があると混乱する
*デリケートな香りや味、音、音楽などを好む
*動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している
*仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張しいつもの実力を発揮できない
*子供のころ、教師や親は自分のことを「敏感だ」とか「内気だ」と思っていた

 YESが12個以上でセンシティブHSP(7月30日の読書日記参照)の可能性大らしい。
 ちなみに私18個。うげげ。

8月1日 食べまくっているカレーライス。どんどん具を加えていくので、なかなか減らない……。でもウマイからいいのだ!

*本日の読書

「いまやろうと思ってたのに……かならず直るそのグズな習慣」(リタ・エメット著中井京子訳 光文社\1300)……恐ろしすぎるタイトルに怯えながら読んだらやっぱりとっても恐ろしい本だった。自分でグズだとわかっている私には辛すぎる。問題は、読めば読むほど、克服するのがどんなに大変かということがわかり、克服しようという気になれないことだ。秋になったら考えようと思う。

「苦あり楽あり」(華原朋美著 ワニブックス\1429)……私は可愛い子好きなので、朋ちゃんに関しては「帰って来れてよかったねぇ」という気持しかない。まぁ本の内容は想像通りでそれ以上でも以下でもない感じ。でもこの装丁はいくらなんでもそりゃないだろう、という感じ。ちょっと朋ちゃん可哀相……。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • その街では、死者も生き返る。
  • 体にも心にも体にも栄養を与える法。
  • 豊富なスナップ写真とともに初公開。
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
その街では、死者も生き返る。
体にも心にも体にも栄養を与える法。
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!