毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2001.10.01

2001年9月下旬 だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

2001年9月下旬 だらしな脱出できるかな日記

■9月14日(金)

体脂肪38.0%

昼:14:00 ハムごはん(切り落としロースハム+ごはん+マヨネーズ!)、お茶
夜:21:00 水道橋焼肉京城 松阪牛ネギトロ\1000、レバー刺\750、サラダ\500、上タン塩\1000、笹身ロース\900、カルビ\900、上ロース\1800、生ビール\600、ウーロン茶\200

 「たまには情報誌を信じてみよう」第2弾、本日は水道橋の京城へ。またしても焼肉だ!
 近江牛&松阪牛の取り扱い店で、本店は北千住。しかし、今日は昔同じ会社で働いていた友人2人と仕事絡みで飲むので、彼女たちの会社と自宅の立地を考えて水道橋の支店に決定。
 今思い出してもどうやって辿り着いたのかよくわからない「スタミナ苑」と違って、JR水道橋駅西口改札を出て右に出ると左側にマックがあり、この道を直進した左手にどどーんとビルが建っていてすぐにわかる。仕事の都合で遅れると連絡のあったK1を待ちつつ、とりあえず店のオススメの「牛ネギトロ」と「レバ刺」、「サラダ」を頼んでビール。現在某A新聞の海外版の記者をしているK2は、去年までアメリカに留学していたので、テロ事件についていろいろ聞く。彼女的には阪神淡路大震災よりショックは大きかったらしく、それはやっぱり飛行機が突っ込んだ云々というより、あのツインビルが崩壊したということが信じられないらしい。NYの友達が、早くも今日K2宅へ避難してくるというので、K1を待ちきれなくなり早めに肉を焼くことに。
 しかしまぁ、この刺身系「ネギトロ」や「レバ刺」がやっぱりここもすっげぇウマイ。さらにサラダもついつい手が出る味で、結局3皿も頼んでしまった。で、この店は「生でも食べられる」上カルビや上ロースが売りだったのだけど、9時に行ったらすでに上カルビは売り切れ! さらに骨付きカルビも売り切れ! 狂牛病なんてどこ吹く風で、相変わらず人気があるらしい。で、思ったんだけど、スタミナ苑にしろ、ここにしろ、値段がそんなに高くないのだ。六本木や麻布の焼肉店に行くと、上クラスになると平気で\2000以上の値段がついてるのに、ウマイ店は安くてもウマイ! 生の肉を仕入れて出すというだけで、こんなに店によって差が出るのは何故なんだろう。
 11時ぐらいまで焼肉を食べまくった挙句、市ヶ谷のジョナサ●に移動し深夜3時半まで語りに入り、タクシーで帰宅。が、都心の運転手さんは大泉学園を知らず、吉祥寺で下ろされ、タクシーを乗り換えて帰るはめに。やっぱりもう少し都心に引っ越すべきかも。

9月14日 左下の牛ネギトロは海苔に巻いて食べる。ウマイ!上のレバ刺しは薄切り、シャッキリ系で量多し。ウマイ!
9月14日 上タン塩と笹身ロース。写真はないけど、ここもサラダがかなりいけてた。結局2回もおかわりして、1人1皿食べてしまったほど。

*本日新刊読書なし

某社でインタビューをする作家の文庫を2冊読了。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!