毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2013.10.01

第5回

“師匠”フィリップ・カリー教授との議論

小林 快次

“師匠”フィリップ・カリー教授との議論

 カナダ・アルバータ州では、恐竜研究が盛んである。アルバータ州の州都のエドモントンには、アルバータ大学のフィリップ・カリー教授。アルバータ州最大の都市であり1988年冬期オリンピックが開催されたカルガリーには、カルガリー大学のダーラ・ザレニトニスキー助教。そして、ドラムへラーという小さな町にある、世界最大級で最高級の恐竜展示がある王立ティレル古生物学博物館の学芸員のフランソワ・テェリエン博士。どの研究者も、恐竜研究では第一線を行く人たちである。彼らがベースにしている発掘地は、アルバータ州南部に広がる世界有数の恐竜化石産地だ。
 この中でも、特に有名なのがアルバータ大学のカリー教授。私たちは通常フィル(Phil)と呼んでいる。特に、獣脚類恐竜の研究では有名で、ティラノサウルスを始め、獣脚類から鳥類への進化についても多くの論文を執筆している。ちなみに、私の博士号の指導教員の一人でもあり、一般的にいうと私の“師匠"ということになる。私たちは、現在も謎の恐竜デイノケイルスの正体を解明しようと一緒に研究を行っている。

 風もなく静かな夜、ゴビ砂漠に建てられたテントの中で私が話を切り出す。
「ねぇフィル、デイノケイルスって一体何者だと思う? 確かに全身が発見されるまで解明できないのはわかるけど、すでに発見されている肩と腕の骨だけでも十分なヒントが隠されていると思うんだけど……」

「デイノケイルスは、不可思議な恐竜だ。あれだけ大きな腕を持っているということは、その体はとてつもなく大きい。その大きさ重要な情報だと思う」
 フィルは、パソコンに写されたデイノケイルスの論文を見ながら答える。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!