毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2003.03.15

私の旦那なのですが、とってもいい人なのですが、仕事面であまりうまくいかないようなのです

松村 潔

私の旦那なのですが、とってもいい人なのですが、仕事面であまりうまくいかないようなのです

■占ってほしいこと

 私の旦那なのですが、とってもいい人なのですが、仕事面であまりうまくいかないようなのです。つらい部署に配置になったり、上司に恵まれなかったり、また努力しても空回りが多く、聞けば昔からそんな傾向があったようでした(学生時代も)。私が言うのもおかしいですが、まじめで頑張り屋でちょっとひょうきんなところもあって、会社でもうまくやっていけそうな感じなのですが、そうもいかず、なんだか見ていて不憫です。
 いったい主人はどんな星を背負っているのでしょうか。ついでに姓名判断もよくないのでなおさら心配です。内助の功じゃないですけど、私が気をかける事で運気をあげることができますか?
 どうか、アドバイスよろしくお願いします。かなり切実です。(記入した生年月日等は、すべて主人のものです。)

--

お名前:S.K
生年月日:1971年3月20日
生まれた時間:午後0時15分
生まれた場所:東京都八王子市


■回答

●一見「会社でもうまくやっていけそうな」人柄に見えるが、実は職場に居心地の悪さを感じているはず

 占星術では、天体を十個使いますが、その中で非常に大切な軸となる要素は、冥王星、土星、太陽、月です。とくに個人の運ということになれば、公的な発展の太陽と、私的な満足感の月というふたつの天体はことさらに重要視されます。
 キャラクターとしては、なじみやすい、かに座がアセンダントにあり、雰囲気的にはソフトだと思うのですが、このかに座の支配星の月が、仕事や勤務の第6ハウスで、近所にある火星とともに、アスペクトが不穏な配置を持っています。
 月は子供の頃、7歳くらいまでの幼児の成長段階に該当し、この時に、感情とか人格の基礎的な部分が形成されてゆくのですが、s.kさんはこの幼児の段階で、けっこう傷つけられていると考えてもいいでしょう。冥王星とのスクエアは、喪失感などを示し、子供の心では決して受け止めることのできないような深刻な印象を受け取った結果、その記憶を封じてしまい、結果的に、情緒の流れにも、一部に断絶があるという状況になりやすいのです。それと仕事の部屋にある火星も、働く意欲とかパワーを示すのですが、ここでも緩和するアスペクトがないために、活動力が安定しない傾向です。
 質問者である奥さんからは「会社でもうまくやっていけそうな」人柄に見えるかもしれません。しかし職場を示す第6ハウスにこれだけ不安定な月と火星があると、度数的には火星にしても、非常にやる気のある度数なので、うまく行きそうに見えますが、感情の持続というのがうまく行かないために、それに尖った言動も出てきてしまう傾向があります。おそらく職場の上司は、この人に仕事を安心して任せられない印象を感じるのだと思います。またs.kさん本人も、職場に居心地の悪さを感じるはずです。

●s.kさんには、s.kさんにしかできない生き方というものがある。そして、それ以外の方向ではどんな試みも確実に失敗するように仕組まれている

 それともうひとつ重要な項目である太陽ですが、これは十二のサインの一番最後のうお座、さらにこのサインの中でも最後の度数に近づく28度にあり、人がたくさん集まる社会の中心よりも、辺境的な、人よりも、自然界や宇宙をよりリアルに感じるようなところに行こうとする性質を持っています。月は生まれつきの資質。太陽は未来に発展してゆく方向性と考えます。社会の中心地としてのいて座や山羊座の場所にあり、さらにストレスの塊みたいなアスペクトを持つのが月で、太陽は人里離れた領域というふうに考えると、いらついて疲れる社会の中よりも、もっと自由で広大な世界に生きようとする方向転換が、長じてくるにつれて強くなってくると考えてもいいはずです。
 この太陽は冥王星と180度なんですが、この太陽と冥王星が180度になる人の人生は特殊です。自分自身の個性的で、確実な人生コースというものがあり、その方向を選ぶ以外の選択肢がないのです。他の方向に行こうとすると、そこで事故がおきたり、不運に見舞われたり、つまり、人生の選択不可能な、あらかじめ決められたコースに行くために、他のあらゆる場所を「追い払われている」と考えてもいいのです。仕事がうまく行かなかったりするのも、s.kさんには、s.kさんにしかできない生き方というものがあり、それ以外の方向ではどんな試みも確実に失敗するように「仕組まれている」と極論してもいいのです。だから不運と考えないほうがいいのです。うまく行かないのは、このs.kさんの道を、まだs.kさんが探し出すことができず、迷っているという証拠です。冥王星は、銀河と太陽系のつなぎと考えてみると、s.kさんには宇宙的な意志との契約があり、それを実現することが必要で、それ以外の生き方はすべて死に筋なのです。
 それはどういうところにあるのか、手がかりですが、太陽はまずうお座の終わり頃で、人里離れた場所。第9ハウスは、海外、研究室のようなところなどです。精神の中で、人里離れた領域に行くか、あるいは現実に、北極とか南極近いとか、人と宇宙のつなぎめに近い場所、占星術ではこれは春分点としてのおひつじ座の0度を示してもいるのですが、そういうところに行ってみるのがいいでしょう。
 この自分の「居場所」を見つけ出すと、そこから第5ハウスの木星・海王星に向かって、理想イメージの流出がはじまります。これらの天体は火のサインであるいて座の初期にあり、さらに火のサインであるおひつじ座の水星とトラインの関係なので、そうとうに抽象論みたいなものを扱う傾向が強まりますが、中に理想の実現となるような箱庭的な空間を、生活のどこかに作り出してみるといいと思うのです。
 太陽と冥王星の180度のおかげで、中途半端な仕事とか迎合の仕事をすると、自分からやめるといわなくても、環境が追い出してくれますが、この遊び場を作るという方向では、楽しさと創造的な心がどんどんと膨らんできます。職場運はあまりにも悪いので、会社勤めしないほうがいいです。ここまで職場運の悪い人は、占星術のサンプルにされてしまいますよ。

●人が住んでいないような遠い土地、地の果てで、リフレッシュしてみることをお勧めします

 安楽を感じる天体、すなわち金星や月が、押さえ込まれているか、あるいはストレスで埋もれているので、イージーな楽しみというのをなかなか人生の中で味わうことができないのですが、それを補って余りある、大きなヴィジョンというものがあります。一度人が住んでいないような遠い土地、地の果てで、リフレッシュしてみることをお勧めします。そういう精神性を満足させるという項目を含みつつのレジャー産業などでは成功しやすいと思います。
 それで、もう少し付け加えたいことがあるのですが、家庭運というものは第4ハウスで考えます。これは家庭というよりは、もっと正確には、のんびり落ち着いて休む寝床ややすらぎの空間という意味です。ここには分離の天王星があります。天王星というのは、接木とか、オプションを付け加えるという感じの天体です。また第4ハウスはてんびん座で、その支配星の金星は、水瓶座、第8ハウスで、水瓶座は天王星と似た、血縁的な関わりを持たない距離感のある関係性。第8ハウスは集団化です。家から離れて、なにか別集団にかかわるというような意味合いなんですが、それを、第11ハウスの土星が牡牛座から、スクエアで押さえ込んでいます。第11ハウスは未来の計画。牡牛座は着実な実際性。つまり着実で金銭などの安定した未来の生活を作り出すために、このs.kさんの自由な生き方という好みが、自らの手で封じ込められていて、こうなると、なかなかs.kさん自身が不満をずっと抱え込んだまま、不完全燃焼の生き方をしてしまう危惧もあります。
 いつも暮らす場所とは違うところに、もうひとつ生活スペースを作ったほうが良く、それは太陽の示すように、人のいない、自然界の息吹をリアルに感じるような場所が理想です。人によっては、それは書斎の奥で体験することかもしれませんが。
 遅くとも2009年くらいには、激しい方向転換が起きて、自分の道を強力に押し出すことになると思います。s.kさんは不運というわけではなかったのです。自分の選択するべき道がはっきりとあって、それ以外の場所では、いつでも追い払われていただけなんです。2009年は遅いとは言わないでください。遅くとも2009年と言っただけですから。 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!