毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2003.11.15

昨年病気をして、今まで勤めていた会社を辞めることになりました

松村 潔

昨年病気をして、今まで勤めていた会社を辞めることになりました

■占ってほしいこと
 昨年病気をして、今まで勤めていた会社を辞めることになりました。経理の仕事でした。
 まじめに仕事をすることが私の支えだったので今、専業主婦になって何をしていくべきか目標を見失っています。子供もいないせいか世間で自分だけが浮き上がった存在のような気がします。体は治っていっていますが、これから専業主婦でおとなしくしていればいいのか、何か向いているものがあれば教えて下さい。
 なんだか気持ちばかり焦ってホッとできないのです。

--

お名前:こむう
生年月日:1970年2月3日
生まれた時間:午後6時55分
生まれた場所:兵庫県伊丹市


■回答

●働くことが、どうしても必要。専業主婦だと、持っている活力を使い切れない。

 こむうさんのアセンダントは、乙女座の3度で、細かい作業などにはまりやすいキャラクターです。この乙女座の支配星は水星で、第5ハウスの山羊座18度にあります。第5ハウスというのはそもそも、「道楽的な気分、遊び」を意味していますが、ここが社会性を示す山羊座にあるので、山羊座4度の月もあわせて、仕事をするのが趣味道楽という感じになってきます。
 次に、勤めをしたり、働いたりする場所は第6ハウスですが、ここに人生を作り出す主体の太陽と、楽しみの金星があります。つまり働くということがどうしても必要だし、そこに楽しみも感じてしまうのです。山羊座の月、水星も組み合わせて、どちらかというと、専業主婦だと、この活力は使い切れないので、なんらかの仕事をする必要があります。
 さて、会社勤めがいいのかどうかですが、働く場所の第6ハウスにある太陽と金星は、水瓶座にあり、水瓶座は特定の空間に縛られるのを嫌います。つまりどこかの職場とかに居着くのはあまりよろしくない。「働いてはいるが、立場的には空間的に束縛されていない」という形式が理想です。こういう仕事をしている人はたくさんいますね。契約でやっているとか、会社には行かないがノルマを自分で達成して、成果だけを渡して、お金もらうとか。そういう種類の仕事を探したほうがいいです。
 仕事におおいに関係する収入は、第2ハウスで見ます。ここには底力の冥王星と、独立性の天王星があります。だから余計、収入に関しては、自立的なやりかたのほうがいいのです。フリーな人は、この独立性の天王星が、働く場所の第6ハウス、収入の第2ハウス、ステイタスの第10ハウスにある人が多めです。

●借金、融資関係、ローン関係などには注意。どういう事態になってもカバーする底力があるので、それをいまから鍛えるべき。

 さてここで、ちょっと出生図のパターンから考えてみたいのですが、まず、こむうさんの収入能力はかなりある、と考えます。とくに冥王星は窮地に陥ると、パワーを発揮して、どんな困難も解決するという底力を意味します。お金の面でどうしてこういう底力的なものが必要なのかと考えなくてはなりません。底力を発揮しなくていい人は、こういう配置にはなりにくいと思うのです。
 個人の収入能力に比較して、借金とか融資とか、他者との関係で動くお金は、反対の第8ハウスで見るのですが、そこには闘争心の火星があり、牡羊座の8度です。この火星は、アスペクト的に安定していません。安息を感じるのは月ですが、こむうさんの山羊座の4度の月に対しても、この火星は脅かしています。つまり不安を感じるということです。
 他者との関係におけるお金問題に関して不安を感じ、そして、自分の収入能力の潜在力を開発して、それをカバーしなくてはならない。こう考えてみると、配偶者の収入問題も絡んでくると考えます。
 結婚相手は第7ハウスですが、この第7ハウスが、結婚相手の第1ハウスすなわち本人と考えると、配偶者の収入能力としての第2ハウスは、こむうさんの第8ハウスということになり、こむうさんの結婚相手は、金銭問題でなんらかの異変に巻き込まれる可能性はありうるということです。その時に、こむうさんが十分にそれをカバーする実力が必要である、と。
 必ずそうなる、ということはないです。そういう傾向があるという意味です。
 それは配偶者でなく、こむうさん自身の引き起こすことかもしれません。借金、融資関係、ローン関係などには気をつけようということと、どういう事態になっても、こむうさんはそれをカバーする底力があるので、それをいまから鍛えておいたほうがいいのです。
 この火星のアスペクトはちょっと危険なので、うまく乗りこなす練習をする必要があります。
 その意味でも、会社に行くというよりも、もっと自由な立場の中で働くという生活スタイルを開発したほうがいいです。
 社会的な立場のMCは、牡牛座の最後にあり、教育的な第3ハウスと第9ハウスに躾をする木星、土星のアスペクトがあり、いずれ何かを教えたりするような人になるということ。そして、土星は牡牛座で、しかも趣味性の第5ハウスに月と水星があるところから、経理の仕事よりも、もうちょっと趣味・芸ごとの分野で何か好きなモノを探してみるとよいでしょう。

●社会的な活動力のピーク点は、2007~10年くらいまで。専業主婦として暇なほうがいいと感じるのは、2012年くらいから。

 時期の話ですが、今日たまたま、この原稿を書く三十分前まで相談に来ていた人がいて(その人は三ヶ月前に専業主婦になったけど)、前の仕事は体調不良を理由に辞めたらしいのですが、最近毎日家にいて、いらいらしているそうです。「暇で自分が壊れるかも」と言ってました。
 こむうさんも、その人と共通しているのは、進行の月がまだMCに向かって上がっている最中で、仕事を辞めて専業主婦になって、おとなしい生活をするには、時期がふさわしくありません。まだ対社会的な活動力のエネルギーが動いていて、もうひとやま、仕事しないと、自然な生体サイクルとしては不自然です。
 こむうさんの対社会的な活動力のピーク点は、2007~10年くらいまでです。それまでは、まだ社会的な、すなわち仕事をしていたほうがいいです。そして、もう仕事しなくていいや、専業主婦として暇なほうがいいと感じるのは、2012年くらいからです。世間で自分だけが浮いていると感じるのは、まだこむうさんが活動したいからです。活動したくない人は、朝、サラリーマンやOLが駅から滝のように降りてきた時に、反対方向にぶらぶら歩くことができる自分に喜びを感じます。まだこむうさんは、駅から滝のように降りてくる働く人々に同化している自分がいて、その波に自分が参加していないことにストレスや不満を感じてしまうと思います。少なくとも2010年までは働かないと、落ち着きを得ることはできません。
 仕事、仕事と、あがきましょう。で、強い収入能力を鍛えましょう。環境が変動しても、その変動に巻き込まれない自分が必要です。
 お金問題で巻き込まれやすいのは36歳から45歳。46歳以後は、こむうさんの野心的なキャラクターが表面化して、なかなか積極的です。 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!