毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2003.12.15

結婚を考えている人がいます

松村 潔

結婚を考えている人がいます

■占ってほしいこと
 ありきたりの質問で占ってもらえないと思いますが、一か八か送ってみます。
 結婚を考えている人がいます。昔の彼です。結婚してほしいと言われました。8年前に一度姿を消した人です。他の占いでは、彼と結婚したら暖かい家庭は望めない、とありました。
 私は、もともと家庭運も薄いとも書いてありました。確かに現在も彼に対し不安があります。でもなぜか結婚するのはこの人だ、と思っているのです。空白の8年間もそう思ってました)。
 やはり、幸せな結婚が望めない星回りなのでしょうか。彼は、1974年8月3日生まれです。

--

お名前:はじめ
生年月日:1975年11月5日
生まれた時間:午後5時15分
生まれた場所:東京都


■回答

●はじめさんが相手に選びがちなタイプとは、“夢想的で、なかなか着地しない人”不確定要素がない人生は、はじめさんにふさわしくないので、結婚に関しても確実すぎる線で固めないほうがいい。

 結婚運を見ながら、はじめさんの出生図を検討してみます。
 アセンダントは牡牛座で、一度決めてしまうとなかなか変更しない頑固もののタイプに見えます。結婚相手は第7ハウスで考えるのですが、ここが面白いです。この第7ハウスには、射手座の6度の月と、10度の海王星があり、「興奮と冒険を求めて、ふらっとどこかに消えていくような性格」というセットなんですね。つまり結婚相手として、はじめさんが相手に選びがちなタイプとは、“夢想的で、なかなか着地しない人”ということになります。
 また、はじめさんも、そういう相手に過剰なまでに思い入れするし、判断はきわめて直感的です。そもそもそれは、はじめさんが幼少期から得てきたキャラクタでもあるのですが、「自分は牡牛座のアセンダントという実際性のある生き方をしたいので、その願望を結婚相手に託してゆく」という傾向になるのです。つまり極端に言えば、結婚相手にはふらふらしてほしい、ということです。
 さて、はじめさんは、働く部屋の第6ハウスと、収入の部屋の第2ハウスに、いろいろ元気な天体があって、生活力はあります。仕事能力もあります。しかし、出生図の中で、木星、金星、太陽がアスペクトを持たず、つまり自分の中に、実用的に使わないで遊ばせている天体が三つもあるので、そうした生活に組み込まれない心の遊びの部分は必要です。不確定要素がない人生は、はじめさんにふさわしくないので、結婚に関しても確実すぎる線で固めないほうがいいと思うのです。
 幸せな結婚は望めないかどうかという点でいえば、そんなに心配には見えません。家庭をあらわす第4ハウスには、ルール意識の土星があり、しかしこれはいつまでも元気さを主張する獅子座の2度にあるので、しっかり家庭を維持するが(いかにも絵に描いたようなふつうの家庭という意味ではなく)、適度にどたばたするだろうことをあらわしています。
 結婚相手の月とは共鳴しあっているので、それなりにうまくやっていくと思います。

●大まかにいうと、この相手との関係は発展的で、互いに与えるものがあるので、悪くない結婚になるのではないか。

 問題の相手との関係性ですが、まずはじめさんの太陽に対して、相手の土星がトラインになり、はじめさんの明確でなかった人生の目標を、相手はしっかりさせる傾向があります。というか、相手の人はちょっと性格的に分裂している面があって、自由でのびのびした生き方をしたいくせに、趣味が古風です。この古風さを示す金星・土星のセットと、相手の木星が両方はじめさんの太陽にかかってくる結果、はじめさんには大きな発展性が与えられることになります。これはとてもすばらしいのですね。
 ところが、こうなると相手の自由に生きたいという生活方針を示す水瓶座の月は、こんどははじめさんのこのグランドトラインで最大限に拡張された太陽に対して衝突する関係になるので、自分の古風な面をはじめさんに与えたくせに、もうひとつの分裂したキャラクタである自由に生きたいという面が、この補強されたはじめさんの資質に対して、文句をつけるという傾向になります。でも、これはたいした問題ではないかもしれません。
 また相手の人の攻撃心である火星は、乙女座の4度にあり、細かいつっこみで、はじめさんの夢想的すぎる感情である月を傷つけますが、そもそも相手は夢の天体である海王星をはじめさんの月に重ねているので、そもそも当の相手こそ、はじめさんを夢想的すぎる性格に変えてしまったんですね。
 こういうことを考えると、相手の人は、自分の中の一部を与えることで、はじめさんの人生をけっこう強力にしつつ、なおかつ分裂した違う面が、そのことでぶつぶつ言ってるという配置になってるので、自己矛盾的で面白いです。たとえで言えば、スパゲティが好きだから毎日作ってと言いつつ、毎日出されると、なんでこうスパゲティばかりなんだよ、いったいどういうつもりなんだ、と文句をつけるような。
 でも大まかにいうと、この相手との関係は発展的で、互いに与えるものはあります。わたしはこの人との結婚は悪くないと思います。 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!