毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2004.04.15

人からよく変人扱いされて、ときどき凹みます

松村 潔

人からよく変人扱いされて、ときどき凹みます

■占ってほしいこと
 人からよく変人扱いされて、ときどき凹みます。
 本当に、私は変わっているのでしょうか?
 老後は屋久島で暮らす夢を持っていますが、経済的なことを含めそれは可能でしょうか?

--

お名前:うんみ
生年月日:1964年1月21日
生まれた時間:午後22時25分
生まれた場所:奈良県桜井市


■回答

●確かに変人度数高め!? ひねくれサインとしての水瓶座に、やはり人生づくりの意義を持つ太陽と、行動力の火星、長期的な展望の土星という三つの天体がある。

 変人という場合、何を基準にするのでしょうね。社会的な常識を守る性質は、占星術では蟹座(日本人の心を表すサイン)と、山羊座(日本社会の生活スタイルを表すサイン)で見ます。これはともに集団性としての性質をもつサインだからです。
 このふたつのサインに対して、逸脱して、集団的な性質から浮こうとするのは、蟹座の次の獅子座、山羊座の次の水瓶座です。獅子座は個人としての自由性を、水瓶座は山羊座の特定のローカルな場の価値観の偏りを脱色して、どこでも通用する普遍的な生き方を目指そうとします。水瓶座とかその支配星の天王星は、もともと山羊座や土星よりもはるかに普遍的なのに、特定の場に閉じこもった人々から見ると変人に見えます。やはり、特定の場では、その場のカラーに染まらないと、ひねくれた人だと思われるのです。
 さてうんみさんの場合には、ひねくれサインとしての水瓶座に、やはり人生づくりの意義を持つ太陽と、行動力の火星、長期的な展望の土星という三つの天体があるので、変人度はなかなかあるんじゃないかと思います。96年から昨年までは天王星、98年からいままでは海王星が、この水瓶座を移動していたので、96年以後はますます変人度が高まってきていたと思うのです。
 この水瓶座の中にある三つの天体を考えると、太陽と火星は孤立していて、アスペクトをほかの天体と持っていないので、暴走傾向を持ちます。何の根拠でそうするのか、周りの人がわからないまま、走ってしまう性質です。行動の秩序を示す土星は、これがまた海王星と90度なので、要領が悪くて、ほとんど誤解されます。ちゃんと言うべき時に手抜きするという妙なリズムです。こう考えると、うんみさんの水瓶座は、ちょっとひと癖ありますね。このあたりのことを意識して、普通ぽく見えるように調整するべきか、というと、あまりかまう必要はないと思いますが。そもそもこのスタイルを望んでいなければ、こんなホロスコープにはならないでしょう。

●うんみさんの住居選びには、何か特別な精神活動の帰結としての場所が必要。

 屋久島に移住できますかという話ですが、住居に関しては、ホロスコープの一番底にある第4ハウスの条件を考えます。ここには山羊座の7度の水星があります。どのサインも、7度(6.00から6.99まで)というのは、対立する性質のせめぎ合いという性質を持っています。
 6度の段階で、環境に飛び込み、その結果環境と自分の間にギャップが出てきやすいのです。一度住環境などにどっぷりと深入りし、その結果、反動が出てきて、こんどはその環境に対して否定的な姿勢を持つのです。この同化、反発の間を行ったり来たりする傾向があります。
 水星はもともと双子座と乙女座の支配星なので、このふたつのサインがどこにあるのか見てみると、双子座は第9ハウス、乙女座は第12ハウスにあります。第9ハウスは精神の拡大を表し、第12ハウスは無限に広がってゆく魂のような性質も意味します。こうした精神活動、あまり人に触れられないひっそりとした内面(第12ハウス)の活動が行き着くところが水星の場所。その意味では、うんみさんの住居選びは「子どもの頃に親がそこにいたから」という偶発的な理由でなく、自発的に選ぶとしたら、自分の精神活動の落ち着き場所としての住居を選ぶということになります。なおかつ山羊座の7度というのは、ちょっと予言的なものを意味する度数なので、何か終末論的な、意味のある環境というのが必要だということになります。コンビニがあるからとか、たこやきがうまい店が近所にあるからとか、そういう理由でなく、何か特別な精神活動の帰結としての場所が必要です。うんみさんの浮遊している魂みたいなものが、その場所だと、ちゃんと着地してくれそうな場所です。世の中のイメージとしては、屋久島というのは、そんなイメージの場所ではありますよね。
 順番は逆になりますが、うんみさんの東の地平線、つまり個人の発祥を表すポイントは天秤座で、この支配星の金星は、魚座の6度で、奉仕とか働くの第6ハウス近くにあります。魚座の6度というのは、物質的でなくある種の象徴的な意義あるものに、全身で飛び込み、凝縮した活動をしたいという意志を持ち、なおかつ第6ハウスは働くという意味で、この衝動は一生続きますから、たいそうな大目的というか志に飛び込まないことには元気が出ませんね。この衝動は、第4ハウスの水星と60度で共鳴。また金星と、純粋な精神活動を示す第12ハウスの天王星は180度で、これがうんみさんの独自な感性とか個性を表しているのですが、これらはみな水星と共鳴し助け合っている関係なので、何か環境に行く、環境を作る、環境を設計する、環境のはじまりと終わりを考える、アドバイスするなどについては、うんみさんの独断場的な実力というものが発揮されやすいのではないでしょうか。屋久島でただ暮らすということでなく、何かコンセプトを持った能動的な生活をしてみるのはいいのではないでしょうか。
 ところで老後というのは何歳からでしょうか。2016年に、うんみさんの進行の太陽と進行の月が重なります。これは魚座の24度で、海の中の島を表す度数です。屋久島に行きたいって、自分でこのホロスコープの次の新月の度数を見て言ったのですか? もしそうでないとしたら、できすぎですね。要するに、人と自然界が融合した純度の高い環境の中に隔離的に暮らすプロジェクトが、2016年から始まるので、屋久島というと、やっぱりあまりといえばあまりのぴったりの話ですね。 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!