毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2004.05.01

昔から私は自分のしたいことを他の誰かが叶えてしまうという虚無感に悩まされています

松村 潔

昔から私は自分のしたいことを他の誰かが叶えてしまうという虚無感に悩まされています

■占ってほしいこと
 おかしな事を言うようですが聞いて下さい。
 昔から私は自分のしたいことを他の誰かが叶えてしまうという虚無感に悩まされています。不思議なくらい自分に似た分身(たいてい私に似てると他人から言われる存在)が現れるのです。私じゃダメでその娘はオッケーなのです。虚しいです。で、人と同じ事をするのが大嫌いな私は違う道を捜し求めて初期化されてしまう感覚を味わうのです。自分の存在を消されそうな気分です。まるで呪いのようです。私の分身が幸せになっていく姿をみるだけです。私はその存在を恨んだりはしません。むしろその存在を好きになる努力をします。結局自分を恨むのです。そんな抑圧的な性格もあって10代の頃から鬱状態を繰り返しています。しかし、そろそろ決意が固まってきました。今やっと明るい気持ちになってきています。私は自分のやりたいことにチャレンジしようと思っています。
 挫折だらけの人生ですが、音楽の道を諦めきれませんでした。思い切って飛び込んでみてもいいのでしょうか。あと一押し先生に背中をおしていただけたら勇気が持てるかなと思い相談させていただきました。

--

お名前:デイジー
生年月日:1974年3月18日
生まれた時間:午前3時32分
生まれた場所:長野県松本市


■回答

●努力によってしか見えない境地というものもある

 人生を積極的に切り開く力を持っているのは、占星術では太陽となります。
 デイジーさんの場合、この太陽は魚座の27度にあります。それぞれのサインの27度、正確に言うと、26.00から26.99度までは努力をする必要があって、のんびり自然的に放置していた場合には運が開かないという意味が働きます。たとえば、鳥は羽をばたばたさせて、やっと空中に静止できますが、なにもしないで止まると落ちてゆく。これが27度なのです。
 しかしこれはマイナス要因には決して思えないんです。というのも、努力によってしか見えない境地というものもあるわけです。様々なサインで27度を持つ人は、がんばって人生を切り開いてゆき、なかなかテンションの高い成果を手に入れることが多いのです。付け加えると、この27度タイプと反対に、受動的になることで人生が開くのは、この前の26度。楽そうで良いなと思うかもしれませんが、26度には残念ながらオリジナルな開発力というものがないのです。受け取ることが多いのなら、それは当然オリジナルというのはないのは当たり前ですね。
 さて、デイジーさんの太陽は、ほかの天体とのアスペクトを見てみると、ルールをあらわす土星との90度のアスペクトしかありません。この太陽と土星の90度の関係はなかなか扱いが難しいです。太陽は内側から自分の人生を発展させてゆく力です。いっぽう、土星は、外から要求される立場としてのイメージです。つまり太陽は「こうしたい」、土星は「こうしなさい。こうするべきである」というスタンスで、このふたつが90度で衝突すると、まるで植物が伸びるやいなや、すぐさま鋏で切られるかのようなケースとなります。といっても、全部が全部切られるのではなく、土星の要求する社会的な立場のイメージを果たすようなことを太陽がする限り、オーケーのサインが出てくるのです。
 まずあなたが土星によって要求されている社会的な立場イメージというのは、土星が存在する第5ハウスの意味「創造的な行為や創作的なもの」があげられます。次に、土星はデイジーさんのホロスコープの中では、非常に優れていて、言葉の能力を示す水星・木星の合と、非常な大きな視野を持つことのできる第9ハウスの天王星とが大きな三角を作り出していて、安定感のある働きをします。また土星のある双子座29度の意味は、「集団の漠然とした気分や気持ちというものを、いち早く創作的なことで表現する」ということです。土星がひとつの検閲器だとするならば、太陽があらぬ方向に伸びようとする都度、その枝を土星が切り取ってきたと考えてもいいのです。これまでのタイプの似た人の成功とともに自分の可能性が捨てられる事件というのは、むしろデイジーさんが無駄な方向に行かないような働きでもあったと考えてもいいのではないでしょうか。

●人生の勝ち負けシーンでは、思わず弱気になって、後ろにずるずると押されてしまうという癖を持っている

 第2ハウスの太陽というのは、だいたいにおいて、自分の才能を使って生きるということになりやすいです。もう説明したように、この場合、努力によって可能性を切り出す必要があります。この太陽が社会的な立場のMCと唯一アスペクトを持っているので、この音楽などの分野での活動は、デイジーさんにとってベストの可能性かもしれません。
 太陽の度数そのものはマイナスには決してならないのですが、デイジーさんの不甲斐ない面というのは、むしろ月が孤立していることにありますね。この月というのは、個人的な生活の基礎としての衣食住などを維持する力で、だいたい七歳くらいまでの子供の時代に基本的なスタイルを確立します。これが人からは見えない、まるで霊界みたいな第12ハウスにあり、しかもアスペクトがないために、簡単に言うと、人生の勝ち負けシーンでは、思わず弱気になって、後ろにずるずると押されてしまうという「癖を持っている」ということなのです。しかも個人の個性を意味する第1ハウスには、みずがめ座の金星があって、へんに聞き分けがいいので、俺様パワーがちょっと弱いことになります。この生活の常態がいつも引っ込みぎみという癖を今後少し改変してみたほうがいいです。少しでいいです。アセンダントはみずがめ座の4度にあるので、みんなと同じ集団生活をすると、負け組になりますが、ドロップアウトして、特技を生かす人生ということにコース変更すると、逆に強くなってきます。どこの会社の名刺を持っているかで人を値踏みする世界では、基本的にデイジーさんは怪しい存在でしかないのですが、しかし専門家とか、特技を生かす世界でなら、弱気さも、豊かな感受性が故だろうね、というふうに映り、いきなり暗さがなくなってきます。そもそも職業イメージをあらわす第10ハウスには、アートとか、自由な仕事を示す海王星があるし、音楽関係はいいんじゃないかと思います。
 35歳くらいまでは、太陽のアスペクトの影響で、なにかと心理的な摩擦の多い境遇がまだ続きますが、しかし36歳以後は、このストレスは減少し、思ったことに飛び出すことがしやすくなります。ちなみに、進行法という計算での太陽は、いま牡羊座の26.50度で、あと3年半で、デイジーさんは、「着地」します。着地というのは、地上的な役割の中にハマるのです。デイジーさんは、3歳の時から、亡霊のようにさまよっていたのです。でも、3年半すると、ちゃんとした社会的な役割を持つ型の中に降臨します。なんだまだ3年半もあるのかと考えないように。いまから準備するにはちょうどいいでしょう。で、もともと引っ込んだ月をもつデイジーさんは、自分が派手に外に引っ張りだされることに抵抗すると思うので、個人としての立場はおとなしく、しかし作ったものとか生産するものを表に、という姿勢を考えて見ると良いでしょう。キーワードは、もう述べましたが、多くの人が抱きつつ言葉にしてなかったものを表現する。表現することで、みんながはっとする。これが土星の要求していること。つぎにバーテクスという運命ポイントは、普及、啓蒙などに関係します。金星は、自分とは立場の違うタイプの人も理解しうるということ。これらがデイジーさんの今後の活動に関係してきます。 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!