毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2005.08.01

とにかく同僚とそりが合いません

松村 潔

とにかく同僚とそりが合いません

■占ってほしいこと
 とにかく同僚とそりが合いません。
 私も息苦しさを感じて内心転職を考え始めていたところ、先日同僚が上司に「(私と)一緒だと体調が悪くなるので辞めたい」と言い出したそうです。同僚の方が仕事を多く任されて信頼も大きいということで、揺さぶりをかける意図があったようです。好かれてないのは自覚してましたが、そんな言われ方をされたのはショックでした。
 ただ、その上司は同僚に辞めても構わないと言ったそうで、自分を含めて私のことを買ってくれてる人もいるし、今の部署で頑張れという話をしてくれました。
 その後辞める話は立ち消えて、結局今まで通りの状態です。それで良いはずはないのですが、私から話しかけるのも苦痛というのが正直なところです。
 私は上司の言葉を有り難く受け止めて今の部署で努力する方がいいのか、新天地を求めた方がいいのか、迷っています。

--

お名前:tt
生年月日:1972年1月2日
生まれた時間:午前5時
生まれた場所:長野県松本市


■回答

●ttさん自身、そんなに職場で問題があるようには見えない。

 ホロスコープで職場というのは、第6ハウスで考えます。ttさんはこの位置に、厳しい制限を表す土星が入っています。土星は努力を強いる天体でもあるので、ttさんは仕事に関してはまじめにとり組む人だと言えます。ただ、この土星は、双子座のスタートしたばかりの00.37度にあります。双子座は風・柔軟サイン。つまり、どう転ぶかわからない風が吹くということで、単調でなく、何かと波風が立ちます。
 また、この土星に対して180度の関係で、土星とはまったく逆の性質の夢を表す海王星があり、二つの星が綱引きをしています。これが結果的に土星に対して混乱した影響を与えます。執着的であったり、不注意であったり、また要領が悪かったりします。仕事に関して、ときどき、混乱してしまう事態が起きやすいというか、相手に誤解させてしまいがちです。ただ結果としては、他の天体がこれらのセットに対して調停をする位置を固めているので、うまく解決するということになりやすいでしょう。
 全体として見た場合、ttさん自身、そんなに職場で問題があるようには見えません。

●同僚の人の性格の荒さが原因? 相性も最悪。

 さて、それでは相手の人とどうなのかということになりますね。
 問題の同僚の人なんですが、感情を示す月は牡羊座で、そこに攻撃の火星があり、また愛想の金星、独立性の天王星などとT字の緊張アスペクトを作っていて、この人そのものがキレやすく飽きやすい性格です。ですから、ふたりともがんばっているけれど気が合わない、というよりは、どちらかというと、同僚の人の性格の荒さが原因ではないかと感じられます。
 つまり他の人に対しても、きっと合わないと言い張る人だと思うのです。この月が属している牡羊座、またアスペクトを作っている金星や天王星は、牡羊座、山羊座、天秤座という活動サインに属していて、これは事を荒立てるサイン。ですからじっと黙って我慢するということはありえない性格です。
 ttさんとこの同僚の相性ですが、最悪の部類に入ります。よく雑誌の星占いとかで、太陽星座生まれで相性を考えたりしますが、太陽は目指す目標みたいなもので、それがぶつかっても、相性の悪さということにつながることは皆無です。「ちがう目標なんだね」で終わりだからです。
 しかし月でぶつかると、これは困ります。月というのは、その人の小さい頃からの基本的な性格。つまり食べ物の好み、生活習慣、リアクション、何を喜びとするかなど、本当に基本的な生き方のベースなんです。
 ttさんの月は蟹座の23度くらいです。これが、先ほど説明した、同僚の牡羊座の20度前後の月と火星、山羊座の金星、天秤座の天王星のT字と重なると、恐怖のグランドクロスができあがってしまうのです。しかもふたりとも、月が属するところにです。つまり感情刺激したり、日常の些細なところでのリアクションの違いが際だつのです。これが固定サインでのグランドクロスならば、冷戦になるのですが、なんせ活動サインなので、沈静することが少なく、むしろどんどん傷をえぐります。
 相手は牡羊座の月で戦闘的で攻撃的。また協力して何かするのが好きではない。フライングする方が実力を発揮します。ttさんは蟹座で、しかも包囲された第8ハウスにあるので、情緒的で、共感的。
 相手は火、ttさんは水。水に火をそそぐ、あるいは火に水を注ぐということなんですね。
 相性が悪いで済めばいいのですが、なんせ敏感な月でのそれなので、相手の攻撃的な火星も、ttさんの月に突き刺さるし、傷つけあう率が高いので、本当は少し距離おいていたほうがいいのです。
 もうひとつ重大なのは、やる気を示す火星は、ttさんの場合、牡羊座の3度くらいにあるのですが、これに対して同僚の制限天体である土星がスクエアに入ります。なので、ttさんはいつもこの相手によって牽制され、やる気を失うのです。何かげっそり来るんです。
 いい面もあることはあるのですが、これらがここまでで説明した面をカバーするほどのメリットをもたらすかというと、あまり考えられません。たとえば、この同僚と我慢して働くと、ttさんの給料は上がります。給料あがっても、そのかわりに、円形脱毛症になると思います。

●折り合いのつかない緊張感も、盛りを終えたはず。

 こういう相性には時期というものもあります。
 2003年6月から今年の7月の半ばくらいまで土星が蟹座を移動していました。もともと蟹座に月のあるttさんは、これで鬱になっていたはずです。同僚と傷をえぐりあう配置なので、ttさんの鬱は、同僚との関係へ影響を与える、あるいはそこからの影響の結果を深めてしまうという具合で、いつも悪い相性が特別に悪くなっていたはずです。さらにこういう時には、同僚ももともと運行中の蟹座の土星の影響によってグランドクロス化するので、ttさんが近くにいなくても、いらいら、鬱々となってしまっていたのです。土星は蟹座からやってきますが、そこにはttさんの月がもともとあった場所なので、土星とttさんのイメージが重なり、ttさんは土星の使者とみなされ、問題はすべてttさんが持ち込んでいると思いこむ面もあります。
 土星は7月半ばから、獅子座に移動しました。たぶん折り合いのつかない緊張感も、盛りを終えたはず。それにもともとttさんは牡羊座の初めの方にやる気天体の火星があるので、土星が獅子座に入ると、規則的な行為の中で、やる気のリハビリが起きます。相手もちょっと落ち着くのではないでしょうか。
 相性は最悪の部類と書きましたが、世の中にこういう関係の対人はいくらでもありますし、今後も出てくると思います。そうなったら、慣れたほうが良いのではないかとも思えます。
 相手はもともと性格的にトゲがある、協調性が欠けている……なのでなかなか合う人は少ない。ttさんとは相性が良くない。さらにttさんは職場ではあまり要領の良い振る舞いができない。牡羊座の月と蟹座の月だと、狩猟民族と農耕民族の対立みたいな感じもある。
 そういうことを踏まえた上で、あらためてとり組んでみてはどうでしょう? 仲良くなることは困難なので、どう距離感を作り出すかという問題だと思います。自分のなにがいけないのか、と考えるよりも、単に部品がちがう、気が合わないということを認識して、練習台にするのも良いと思うのですが。
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!