毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2005.10.01

私の27年の人生は短いながらもトラブルだらけで周囲の人から「不幸だね」と言われます

松村 潔

私の27年の人生は短いながらもトラブルだらけで周囲の人から「不幸だね」と言われます

■占ってほしいこと
 私の27年の人生は短いながらもトラブルだらけで周囲の人から「不幸だね」と言われます。それらのトラブルの多くは自分自身が招いた結果だと感じてい るのですが、「私は不運な星の下に生まれただけなのでは?」とも考えてしまいます。もしそうなら、どのようなことに気をつけ、心がけて生きていけばいいの か、良きアドバイスを何卒宜しくお願い致します。

--

お名前:林檎
生年月日:1977年11月24日
生まれた時間:17時30分
生まれた場所:石川県金沢市


■回答

●自分の感覚に頑固で妥協せず、他者の意志とはあまり共鳴したがらない ひとりで孤独でいる傾向を持っている

 不運あるいは不幸という記述に興味を持ったので、図を作成してみました。どういうところが林檎さんの言う通り不運なのか説明し、つぎにその対策について考えてみるべきだと思いました。
 小さな子どもの頃、生まれてから七歳くらいまでに育成される基本的な性格は月で考えます。
 月は牡牛座の17度にあり、隠れた第12ハウスに位置します。まず牡牛座というのは、人と共生できません。とくに17度くらいというのは、自分の感覚に頑固で妥協せず、他者の意志とはあまり共鳴したがらないのです。しかも第12ハウスというのは、隠れた場所でもあり、つまり林檎さんの生活の基本的なスタイルは「人と合わせる気はない」という感じ。ひとりで孤独でいる傾向を持っているということです。
 さて、月のアスペクト、すなわち他天体との関係は、金星・天王星との180度のみで、あまりゆるめる面が多くありません。金星・天王星は、共生の蠍座で、仕事や訓練の第6ハウス。仕事などでは共同したりすることを訓練されたのだと思いますが、それでもそこに居着くことができず、リラックスしようと思うと、人がいないところに行かなくてはならなくなります。

●本当は大胆なのに、細かいところで臆病になって冒険心を失ったり意欲喪失する

 この月がその人の出発点とすれば、次に発展する方向性は太陽で見ます。植物で言えば、根っこの地面は月、茎が伸びてゆく方向を太陽とみなすのです。
 太陽は働く場所の第6ハウスにあり、火の元素を示す射手座の2度にあります。かなり煽る性質の度数なのですが、家庭とか親を表す第4ハウスの乙女座1度の土星によって抑制されます。つまりアバウトでノリの良い射手座の太陽は、細かく神経質な親や家庭の事情などによって、その動きを奪われてしまうのです。その影響が癖になり、本当は大胆なのに、細かいところで臆病になって冒険心を失ったり意欲喪失する林檎さんの性格を作り出してしまうのです。
 つまり月においては「共同で何かをする練習をしたのに、それを断ち切って、自分ひとりの世界に閉じこもる」癖を発揮し、太陽においては、「大胆な挑戦力を発揮しようとしても、急にやる気を失う」癖を持っています。
 月は母、太陽は父ということで、父と母の影響があまり良くないのではないか、能動的で前向きな刷り込みがされていないために、不運を繰り返しているのではないかという解釈になります。
 人生の基本軸、いわば脊髄のような部分を形成する月と太陽がこれだと、なんだか具合が悪いというふうにも見えるのですが、実際には人間というのは、単独で生きているわけではありません。孤島で生きている場合には個人の資質が最大限発揮されるかもしれませんが、あらゆるものが関係性でできているので、この林檎さんの資質も、ちがう方向に変わってしまうことが多いと思います。
 たとえば、山羊座16度前後、乙女座16度前後に天体を持っている人がいたら、そしてその人と一緒にいる時間が増えると、林檎さんのだれとも共存しないという感情の性質が変わってくるはずです。火のサインである獅子座の1度とか、牡羊座の1度あたりに天体を持つ人がいたら、林檎さんの途中挫折癖もだんだんと減っていきます。親密につきあう人とかいると、そういう人たちの影響によって、新しい刷り込みが起きて、さまざまな対応のパターンが変わってしまうものなので、いつまでも同じことを続けているようには見えないのです。
 そういう意味で、この生まれつきの性質は、最終決定なものではないのですね。

●いまは毒を排出する時期。2007年あたりから再スタート

 林檎さんの人生の中で、比較的明るく楽しい時期というのを考えてみます。過去でいえば、8歳から15歳くらいまでは、対人的な交流があって楽しさもあったはずです。
 次に訪れるのは火星の年齢、36歳から45歳。この時期には何かしら創造的なアイデアに満ちて、感動とおもしろさを求めていきます。移動、旅行、乗り物なんかもキーワードになりやすいです。その後、46歳から56歳くらいまでは、より大きな力に淘汰される傾向はあるのですが、金銭的、物質的に恵まれる傾向があります。まだら模様みたいですが、ずっと具合が悪いというわけではないですよね。
 林檎さんの世代は、冥王星が天秤座の16度にあり、天秤座は7度と16度が比較的深刻な度数で、人との関わりの中で、傷を受けやすい傾向があります。しかしこれは個人というよりは、林檎さんの世代の特質でもあります。こういう人たちが絵を描くと、どろどろの絵を描いたりしますし、実人生でもわりにどろどろ状態になったりすることも多い傾向があります。が、これはわざわざそういう状況を引き寄せようとしている、つまりは興味を持っているということも起因します。
 心底自分が何を望んでいるのか、あらためて確認したほうが良いのではないかと思います。平穏な人生を心底望んでいる人はそうなるし、そんなありきたりのものはまったく面白くないと思っている人は、望んだ通りになっていくものだと思います。
 ちなみにいま林檎さんはある種のデトックスの時期で、2007年くらいから再スタートする時期になります。家庭から受けた影響、あるいは家庭運の悪さのようなものは、2008年から根本修理期間というか、書き換えが始まるので、そんなに悪くもないのではないかと思えてきます。
 改善するための能動的な努力としては、月や太陽の作用を緩和してくれる、すでに書いたような度数の天体を持つ人たちとの交流があると良いのですが、これは天体計算ができる人でないとなかなかわからないですよね。ただ計算しなくても、人によって、ストレスを緩和してくれる相手がいるということを知って、直感的にそういう相手を見分けるようにしてみるのも良いのではないかと思います。困った刷り込みは、ちがう刷り込みによって変化するものなんです。 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!