毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2002.03.15

2002年3月15日 だらしなマンション購入記 第1回

藤田 香織

2002年3月15日 だらしなマンション購入記 第1回

<だらしなマンション購入記>

 1ヶ月のご無沙汰です。みなさんいかがお過ごしでしょうか。   
 お久しぶりです、本日体脂肪38.5%の藤田香織でございます。
 さて、おかげさまで新連載です。
 「だらしな日記」を「毎日書くのはもういやだ! めんどくさい! 書くことない!」と言い放ち、勝手に終了させたにもかかわらず、再びこのような場を与えて頂けたのも、ひとえに皆様のおかげでございます。ありがたや、ありがたや。
 さて、今回のテーマはマンション購入。そう、昨年私はマンションを買ってしまったのです。といっても2月13日現在、まだローンの申請中なので「買った」というのは正確ではありません。
「買おうとしている」のです。
 と書くと、なんだかとっても幸せな「ラララ夢のマイホーム~」的展開が予想されそうな気がするかもしれませんが、実は世の中そう上手くはいかず、私は今猛烈に後悔しているのでありました。
 できることなら今すぐ申し込みを取り消したい……。
 が、もう本契約をしてしまったので、今私が「やーめた」と言った日には、払込済みの手付金158万が返ってこないだけではなく、オプション工事費の71万も恐らく返金されることはない。さらには違約金を請求される可能性もあるのです。その額およそ740万! これは、はっきり言って私の年収よりずーっとずーっと多い金額です。それをドブに捨てる勇気は、ない。
 でも1つだけ、この契約が違約金なしでチャラになる場合があるのです。それはローンの借入れが不可能になった場合。つまり今申し込んでいる住宅公庫と銀行ローンから「あんたには貸せません!」と言われた場合に限り、この契約はなかったことにできるのです。
 というわけで、日々「ローン審査に落ちますように」と祈り続ける日々。
 えー!? なんでー? 欲しくて買ったんじゃないのー? とお思いの皆様。そう、欲しくて買ったんです。あの時は!!
 「隣の芝生はあまりにも青い!」ということに気付いた今、タイムマシンがあれば10月20日の私を引きずり倒してでも辞めさせるのに! 
 ローンが無事に通ってしまえば入居は今年9月予定。ローン審査の最終回答が出るのは夏頃と聞かされています。 果たしてどうなる、だらしな館。
 この先の展開は神のみぞ知る、行き当たりばったりのマンション購入記、まずはあの衝動買いの日に時間を戻して、始まり始まり~。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!