毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2002.05.15

2002年5月上旬 だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

2002年5月上旬 だらしな脱出できるかな日記

■4月29日(月)

朝食:10:30 玄米8割ご飯1膳、いろいろ納豆(きゅうり、プチトマト、カッテージチーズを納豆に混ぜ、醤油で味付けしたもの)、きのこと豆腐の味噌汁(しめじ、えりんぎ、なめこ、葱、木綿豆腐、昆布&鰹出汁、あわせ味噌)、昨日の残りサラダ(きゅうり、レタス、ゆで卵、カイワレ大根、ノンオイル梅ドレ)、ジャスミン茶
夜食:22:30 豆腐グラタン(水きりした木綿豆腐半丁を薄めにスライス。フライパンにオリーブオイルをひき大蒜を炒め、しめじ、マッシュルームなど適当にキノコ類を投入。さらにバターをひとかけ落とし入れ、豆腐も一緒に炒める。塩胡椒し醤油で味付け。グラタン皿に豆腐→炒めたきのこ→トマト→豆腐→きのこ→と繰り返し、最後にチーズをかけてトースターで焼く。チーズが溶けて狐色になったら出来上がり)、杜仲茶。

 世間ではGWだと言うのに、まったく楽しみもない休日。相変わらず切羽詰った仕事を朝までかけて仕上げ、昼の12時にベットに倒れ込む。目が覚めたらおお! 夜9時ではないか! 休日―! 私の休日―!! いくら叫んでも、そこにあるのは散らかった部屋とたっぷり溜め込まれた洗濯物の山のみ!
 しょうがないので、夜の9時から洗濯機を回す。
 あまりにも休日らしいことがないので、心が華やぎを求めてやまず、洗濯が終わってから珍しくレンタルビデオ屋へ出かけてみる。
 私は日ごろ全く映画を見ないので、いざビデオ屋へ来てみても、何が面白いのか見当もつかない。この間「FRaU」に連載している「だらしな草子」で映画ガイド本の紹介をしたばかりだというのに、その本を持ってくれば良かったと激しく後悔するが時既に遅し。
 あまりにも膨大なビデオの中から、みんなどうやって自分好みのものを見つけるんだろう。知識がないと選ぶことすらままならないのだ、ということを改めて実感する。
 何かきっかけが欲しいんだよねー、きっかけが。自分の中でのヒットを見つければ、その監督なり出演者繋がりで見ていく、ということもできるんだろうけど、何ひとつ持ち駒がないのでどうすることもできないのだ。
 と途方にくれながら、あぁ、本を読まない人ってこういう感覚なのかも、と思う。本もきっかけがないとなかなか読めないんだろうなぁと。でもって面白い本を見つけたら、そこから広げていくこともできるけど、見つけられないと何を読んでいいのかわからないのかもしれない。本屋はビデオ屋以上に途方に暮れそうだもんねぇ。
 30分以上迷った挙句、結局ねずみ絡みで「インディジョーンズ」と「リトルマーメイド」を借りて帰宅。豆腐グラタンを食いつつ、深夜まで見る。
 ささやかな休日だ……。

深夜の豆腐グラタン。いくら豆腐だとはいえ、何か微妙に食欲が戻りつつあるような怪しい予感。

本日のビデオ鑑賞

「インディジョーンズ・/レイダース失われた聖櫃」……というタイトルさえ、帰ってきて検索して初めて知った。レンタル動機は「ディズニーシーにあったインディジョーンズ。乗ってみたけど何だかよくわからなかったから映画でも観てみるか」である。感想は面白かった! 2時間もトイレにさえ行かず、じっとビデオを見たのは本当に久しぶりだ。音楽が良かった。といころでレイダースって何? 名前? 場所?

「リトルマーメイド」……子供のころ読んだ「人魚姫」と微妙に違うので記憶が混乱する。が、ディズニーシーで見た「マーメイドラグーンシアター」の意味がよくわかった。そうか、そうだったのねー。それにしても、なんか凄く頭の悪い王子と姫の話だよなぁ。ディズニー映画をそんな観方をしてはいかんのだろうけど。これも音楽が耳に残るね。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!