毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2002.11.15

2002年11月15日 だらしなマンション購入記 第15回

藤田 香織

2002年11月15日 だらしなマンション購入記 第15回

<本棚整理、ブックマンとりあえず収納編>

 チーム・アリさんのパワフルな働きにより、どうにか無事に引っ越しが終了して1週間。この不況時に駅からバス便という立地の悪さも、カラスマンションというマイナスポイントもものともせず、全戸完売しただらマンは、ようやくエントランスや廊下の養生シート(注:引っ越しで建物や建具が傷つかないように、廊下やエレベーター、エントランスのドアやガラスを保護するシート)が外され、本来あるべき姿になった。ついに全貌が明らかに! というわけだけど、まぁあんまり感動はない。あ、すっきりしたねぇ、ぐらいなものである。
 そんなわけで、外観は「新築マンションですっ!」という目印もなくなってしまったわけだが、そう簡単にいかないのが部屋の中。道路に面した1階住戸のリビングに山と詰まれたダンボ-ル(覗いてるわけではないです。念のため。見えちゃうだけで)が日に日に減っていくのが、私の心を焦らせる。いや、焦っているだけで、実際には動かなかったわけだけど。
 しかーし、さすがに仕事での必要にも迫られ、ダンボールから本をブックマンに収納せねばならぬ日がやってきた。敵は非常に手強いが、自分でどうにかするしかない! 頑張れ頑張れフジタ! と自分を励ましながらまずはリビングのダンボールを開け、中身をあいうえお順に和室に空けていく。
 あ~わ行まで横に並べ、その下にい・う・え・お・と並べていく方式。こうして先に分けておかないと、本棚に並べることができないのだ。とはいえここで一々、村上龍と村上春樹を分けるスペースはないのでひとまず同じ頭文字の作家は同じ山にするだけ。文庫と単行本の区別にも迷うが、それより何より仕分け優先と決めて地道な作業をひたすら続ける。

[1] リビングのダンボールを1箱開けてその場に中身を出す。
[2] 前の本棚から抜いた部分はある程度作家別になっているので楽だけど、床に散乱していた新刊はそのまま放り込んできたので何の脈略もなくバラバラ。それをその場で大雑把に分ける。
[3] 分けた本を抱えて和室に並べる。「む」が「ま」行であることが咄嗟に解らなかったり、「に」の位置を確認するのに「あ、か、さ、た、な…に」などと呟かなければできない自分の愚かさにイライラいする。
[4] 「これが終わったらお寿司食べに行こう。いや焼肉にしよう」などと自分を励ましつつ1箱ごとに力尽きて休憩する。1箱片付けるためには、和室とリビングを6往復はしなければならず、1箱分の本をあいうえお順に並べるには、何十回も腰をかがめなければならず、非常に疲れる。日頃の運動不足が身に沁みる。
[5] 泣きながら1に戻る

 こんなことを延々60回繰り返すわけです。なかなか進まない状況を、一体誰が責められましょう。しかもやり遂げたって、ご褒美なし。やって当たり前。なんて報われない作業なんだろう……。
 といって、パパリンに手伝ってもらったりすると、平気で「唯川恵」が「た」の所に並んでいたりするので任せるわけにもいかないし。しかも、私の中には自分なりの区別があって、リビングのブックマンに置くのは一般的な国内作家の「小説」と「エッセイ」だけにしたいのだ。
 ノンフィクションと漫画は仕事場のウォークインクローゼットの本棚に収納したいし、旅行記本などは寝室の本棚に入れたい。でも、例えば群ようこの「アメリカ恥かき一人旅」や、吉本ばななの「マリカの永い夜/バリ夢日記」はリビング本で、だけど西原理恵子の「鳥頭紀行」は仕事場なの、というニュアンスを解ってくれる人はそうそう見つからない。全然難しい話ではないのだけれど、知らない人から見れば「アメリカって書いてあるんだから旅行記じゃないの?」となってしまうのだ。まぁ旅行記なんだけどさ。でも違うのよー!
 結局、ダンボールからブックマンにとりあえず移すだけで、1週間もかかる。もちろん、まだこの先には

[1] 同じ頭文字の中で作家をさらにあいうえお順に並べる
[2] 文庫と単行本を発売順に並べる
[3] この先、増えそうな棚と、そうでもなさそうな棚に見当をつけてスペースの調整をする

などの作業が待っているわけだけれど、それをする気力は今の私にはないっ! もう全然ないっ! 世の中にはこういう作業がもの凄く好きな人も絶対いるに違いないのに、どうして私の周りにはいないのだろうか。ほんと、いつになったら納得の本棚になるのか、まったく想像つきません。いやほんと、行き当たりバッタリだなぁ。

とりあえず、和室を犠牲にしてガンガンと並べていく ↓
アップで見るとこんな感じ。ダンボールに「あ」「か」「さ」「た」「な」……が書いてある。これがないと、一々「あかさたな」と左から列を数えなければならず、効率悪い。いや、そんなの私だけかもしれないけど。 ↓
縦位置で見るとこんな感じ。「さ」行と「は」「ま」「や」行が多いかなー。 ↓
もうちょっとよー! 頑張れー! マジ腰痛いっちゅーねんっ! ギシギシになりました。 ↓
とりあえず、ブックマンに入れ始める。が、まだ手前に15箱ほどのダンボールが見えるのは気のせい? 中身は翻訳本と雑誌関係&ビデオ&CD。どうせいっちゅーねん……
張り切って、通販で買った引き出し本棚も自分で組み立てました。が、出来上がってみたら、横板の方向がゴチャゴチャでした。正解は下からブックエンドがつくはずなのに、下の段は上からついてしまいました。もちろん直す気力はないので、このまま使用しています。ほっとけ!

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!