毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2003.06.01

2003年5月下旬 だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

2003年5月下旬 だらしな脱出できるかな日記

■5月16日(金)

昼食:14:00 ほぼ野菜シリーズ雑炊(冷蔵庫にある野菜を適当に切って、和風出汁と水をはった土鍋にぶち込み、ご飯50gを加え、白醤油とゆず七味で味付けしたもの。今日の野菜は、蕪、キャベツ、葱、トマト、ブロッコリー)、コントレックス
間食:17:30 キィウィ1個、プレーンヨーグルト1個、紅茶
夕食:23:00 ブロッコリーとポーチドエッグのサラダ(ブロッコリーは下茹でし、レタスときゅうりは抵当に切って洗い水切りしておく。ベーコン1枚をカリカリに焼いて、野菜の上にふりかけ、お湯に酢を入れてポーチドエッグを作り野野菜&ベーコンの上にのせる。フレンチドレッシングをかけ、塩胡椒で味を調える)、にらトマカマンベール+蕪バージョン(いつものにらトマカマーに、皮を剥いて適当に切った蕪も加えたもの)、インスタントのわかめスープ、ボルヴィック

 昨日更新されただらしな日記で書いた水晶の謎について、もの凄い勢いでメールが届く(http://mr-31238.mr.valuehost.co.uk/assets/Flash/psychic.swf)。いろいろ読ませてもらっているうちに、なんとなーく薄ぼんやりと「なるほど……」という「正解」の糸口が掴めてきたような気がするけれど、どうもそれも気のせいである気もしないでもない。なんていうか、正解を繰り返し読むことで自分も理解した気になっているだけ、っていうか。ある種洗脳されてるだけっていうか。ううん、まだイマイチすっきりしない。それにしても「私がまったくわからないことをこれだけの人がわかっている」という状況に、ちょっと心が遠くなりかける。
 洗脳といえば(っていう繋がりもどうかと思うが)、最近よく屋根の上で唄う長渕剛の新曲CMを見かけるが、私はかれこれ20年ほど前(ひえー、いつの間に!?)、猛烈に彼に心惹かれたことがあった。人生における初コンサート見も彼の武道館だった。今はどうだか知らないけど、武道館の周辺にはそこかしこにギターを持った「なんちゃって長渕くん」がいて、コンサート終了後も興奮した観客たちを巻き込んで、あちこちで彼の曲を歌っていた。って他人ごとみたいに書いているけど、15歳の私もそんな人たちと共に「巡恋歌」とか歌ってたわけで。
それはともかく、初コンサートでそんな濃いところへ行ってしまったので、その印象はかなり後まで強烈に残り、その後進路を考えるときに「音楽ライターになってあの感動を伝えたい!」などと(熱く)思ってしまったのだ。ほんと若いって凄い。まぁその後、いろいろあって今は書評仕事をしているわけだけれど、そんなわけで屋根の上の長渕くんを見るたびに「あぁ私はこの人のコンサートを見てライターになったんだ」とチクチク思ったりする今日この頃。正直、微妙に複雑な気持ち。
 しかしいつの間に彼はあんなにマッチョになったんだろう。昔はものすごーく細かったのに。なんとなく「サーロイン! 二頭!」と言っている清原とだぶるマッチョさ加減だ。あ、そういえば清原のテーマ曲は長渕だったような……。
 余談だけど(っていうかこの日記は全て余談な気もする)、2回目に行ったコンサートは当時付き合っていた男の子が好きだった角松敏生だった。あそこもまた妙に濃い空間で、一斉に神飛行機が飛んだりしていた。私は音楽ライターとして根本的な何かがやっぱり欠けていたんだと思う。ぐはー。

ほぼ野菜シリーズ、こちらは昨日の昼食のスパゲティ。見よ!乾麺50gって、こんなに少ないのだ! スパゲティをゆでるとき、ついでに下茹でが必要な野菜もゆでてしまうと楽ちん。
しかし50gでも野菜が多いとこんなにたっぷり。カロリーは抑えられているかもしれないが、胃を小さくするという効果は期待できない。
調理時間3分が嬉しい、にらトマカマーだけど、蕪が入ると皮を剥く時間が1分プラスされる。

本日の読書

「関根勤×江戸木純 シネマ十番勝負」(関根勤、江戸木純著 富士見書房\1300)……映画評論家VS芸能界きっての映画マニアが13のテーマでトークバトルを展開する、愉快かつためになる、それでいてお馬鹿度も高い映画本。私はとにかく映画を観ないので、ここで語られている作品も監督もほとんど知らないのだけれど、二人のやりとりがあまりに思い入れが強くて、マヌケで素敵だった。でも「映画ファンが思わず憧れてしまう俳優No1決定戦!」に出てくる俳優(クリストファー・ウォーケンとかルドガー・ハウアーとか、ケビン・ベーコンとか。名前すら知らん!)の、1人たりとも顔が思い浮かばない私に「素敵」と言われても嬉しくないだろうけど。

下読み3本

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!