毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2003.08.01

2003年7月下旬 だらしな脱出できるかな日記

藤田 香織

2003年7月下旬 だらしな脱出できるかな日記

■7月16日(水)

昼食:14:00 昨日の残りのカレー(ブロッコリー&カレー粉、ブラックのアイスコーヒー、牛乳、りんごジュース少々プラス)、ご飯+ゆで卵、ジャワティー
間食:19:00 近所のスーパーの前で売っている焼き鳥(正肉、レバー、カシラ、やげん)
夕食:24:30 まだまだ続くカレー(トマトの水煮1缶追加)、ご飯+チーズ、ジャワティー

 ビジーモードで、カレーを食べつづけるしょぼくれた1日。
 にもかかわらず、飛び込んできた藤谷美和子のニュースに仰天&驚愕。
 要約すると、藤谷美和子が先月、皇居の坂下門にタクシーで乗り付けて、「紀宮さまは私の妹」と称して、警備中の警察官との間で騒ぎを起こしていたらしい。なんでも藤谷美和子は紀宮さまらをねぎらう内容の手紙を渡そうとアポなしで皇居を訪れたとか。以下、ネットの配信ニュースから引用。
「藤谷がタクシーで単身、坂下門に乗り込んだのは6月26日午後3時ごろ。16日発売の「週刊新潮」が報じているもので、藤谷は行く先を尋ねる警察官に「紀宮さまにお会いして、お手紙を渡したいのです」と告げた。しかし、紀宮さまに関するそうした来客予定はなかったことから、警察官が対応を考えあぐねていると、藤谷は「秋篠宮殿下は私の弟、紀宮さまは私の妹です。早く通して下さい」と言い放ったという。(中略)
 関係者によると、藤谷は紀宮さまに似ていると言われることが多いことから、皇室に親近感を覚え「最近、ご公務でお疲れじゃないですかという内容のファンレターを出そうとした」らしい。(後略)」。
 ……凄いな、藤谷美和子。何て言うか、そんじょそこらの“不思議ちゃん”とは天然度が違う!
 さすがは「座右の銘は?」「正座は痛い」の人である。
 でも紀宮、似てるか? 藤谷美和子に。あえて言うなら紀子さんだろう、似てるのは。
 しかしそんな詮索さえ何の意味ももたないことは明らか。なんつー腰砕けな“ニュース”なのだ。でもおかげで、あんなストレスもこんなストレスもたちどころに吹っ飛び、今、私の心は見事に清んでいる。らららクリアー♪ってなほどに。
 邪気を無に変える素晴らしき藤谷美和子。
 いつも心にナンシーと美和子を。これ、心のバランスを保つには最強かもしれませぬ。

♪カレーは明日が美味いんです♪確かにそうですなーぜでしょね♪……すみません、マニアな唄を歌ってみました。しかしさすがにカレーも冷蔵庫に入れないと3日が限度な気がするなー。4日目はちょっと勇気いる感じ。
猫ズ脱走予防として、網戸ストッパーを近所のホームセンターで購入。
イヤー! 出れないわっ! 開かないわっ! ニャー! と懲りない猫ズ妹。
しょぼーん……。

本日の読書

「いぬのきもち」(高倉はるか著 幻冬舎\1200)……ダラを飼いはじめてから犬雑誌をよく読むようになった。でも雑誌によって書いてあることがわりと違うので、自分が何に納得できるかを見極めるのが難しい。書き手との相性っていうか。私はとにかく犬大好き!我子のよう! というライターさんよりも「好きだけど、犬は犬なりよ」というテンションの書き手が好きなんだけど、この著者はそういうタイプで良かった。買ってみたものの、ダラが吠えないのでほぼ意味なしだっバウリンガルより「いぬのきもち」が解った気がする。人間の抑鬱状態を犬が察知する、という話は特に興味深かった。

「ドクターハンナ」(戸梶圭太著 徳間書店\1800)…… 並はずれた美貌をもつ下界の畔奈。男の体を軽く傷つけながらのセックスを好み、内視鏡を突っ込んで美しい胃を見ながらエクスタシーに達する彼女は、外科医としても有能。患者の身体にメスを入れることは、彼女にとって深い喜びだった。そんなハンナの天敵は、外科手術に任せず薬漬けで患者を長期入院させる内科医。対立が深まり、犬猿の仲の内科医・藤井に大ダメージを与えたハンナだが――。よく働くなぁ戸梶圭太。なんだかしょっちゅう新刊を読んでる気がする。(恒例)写真モデルのせいか、なんだかVシネのようだった。いやほんと最高っすハンナさん。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!